学校案内Q&A

学校案内

  1. ホーム
  2. 学校案内
  3. 学校案内Q&A

学校案内Q&A

鷗友学園の創立について教えてください
鷗友学園は、東京府立第一高等女学校の同窓会が創立50周年記念事業の一環として、長い間第一高等女学校の校長をつとめた市川源三を校長に招いて1935年に設立した学校です。
市川源三は、都会の中心地にあった第一高等女学校を離れ、きれいな空気と緑があふれる環境の中で、健康で豊かな学園生活を送ることができる鷗友学園の設立に積極的に関わりました。第一高等女学校時代より内村鑑三を始めとする様々な宗教人の講話を生徒に聞かせていた市川源三は、鷗友学園に就任した後、家庭から一木一草を持ち寄らせ、園芸の先生を招いて植栽を整えるなど、生徒の精神的な発達や環境の整備には人一倍心をくだきました。
さらに市川源三は、全国高等女学校長協会の理事長も務め、当時の女子教育を牽引するリーダーでもありました。今から70年以上前、まだ良妻賢母教育が当たり前の頃、「女性である前にまず一人の人間であれ」「社会の中で自分の能力を最大限発揮して活躍する女性になれ」と教えていました。

市川源三の後を引き継いだのは愛弟子の石川志づです。石川志づがキリスト教思想家・内村鑑三と日本の女子教育の先駆者と言われる津田梅子の弟子でもあったことから、キリスト教精神と英語教育、国際理解教育が学園の大きな柱になりました。第二次世界大戦中、本校の高等女学校の5年生が学徒動員で工場に働きに行き、週に1回学校に戻ってくると、石川志づは「戦争は必ず終わります。この戦争が終わったあと、まず相手にしなければいけないのはアメリカ人です。だから、そのときにきちんと話ができるように今、英語を学んでおきましょう」と教え、英語の授業を行ったそうです。

本校ではふたりの教えを教育の根本に、時代の変化に対応しながら一人ひとりのいろいろな可能性を引き出し、能力を発揮できるようにすることを大切にしています。
鷗友学園とキリスト教との関係を教えてください
鷗友学園はミッションスクールではありません。ミッションとは伝道、また伝道団という意味で、ミッションスクールとは、欧米のキリスト教団体が異教徒の多い国に布教の目的で、あるいはその信仰に基づいて一般教育を行うために設立した学校をさします。鷗友学園は、第一高等女学校の同窓会が創設した学校ですから、ミッションスクールではありません。

鷗友学園のキリスト教は、初代理事長であり30年以上校長を務めた石川志づが、無教会派の創始者である内村鑑三の弟子であったために、「心の教育」の柱として取り入れられたものです。プロテスタント系のキリスト教ですが、無宗派あるいは超教派(エキュメニカル)で、とくに一つの宗派に偏ることはありません。背景も考え方も違う人たちが、共通のヴィジョンの下に集い、心の通った一つの共同体を形成していく基盤にキリスト教精神、キリスト教的自由主義があり、日常生活の隅々にまでその精神を活かそうという立場です。

中学1年生の山荘生活や高校1年生の箱根研修会では聖書講話があります。また、研修会の前後やクリスマス会などでは、学問研究の第一線に関わっている学者・研究者などからキリスト教の講話を聞く機会もあります。しかし、伝道が目的ではありませんから、生徒の宗教が自由であるのはもちろんのこと、教員の中のクリスチャンも決して多くはありません。毎日の礼拝や黙想の時間もありません。鷗友学園のキリスト教への関わり方は、比較的自由なのが特徴の一つといえます。

学問や教育は、どのような立場に立つにせよ、何か理念を持つことなしには不可能なものです。現在の日本の社会から理念が失われたことが、家庭にしても学校にしても、教育の混乱の一因となっているのではないでしょうか。キリスト教がその唯一の答えであるというわけではありませんが、少なくとも私たちはキリスト教精神に基づいた理念を持つことによって、しっかりとした教育ができるのだと考えています。
校訓について教えてください
鷗友学園では、創立以来「慈愛(あい)と誠実(まこと)と創造」を校訓として、心の教育が行われてきました。

「慈愛」とは、他者との関わり合いの中で、相手をも自己をも尊重することができる思いやりの心を持つ人、「誠実」とは、神から与えられ一人ひとりが潜在的に持っている可能性を発見し、豊かで自由な感性と自らの道を切り拓く強い意志を持ち、それを誠実に伸ばす人、「創造」とは、多様化する社会において、異なる価値観を持つ人々とも協調しつつ、平和な世界を創造する力を持つ人のことです。
女子教育の利点は何ですか
12歳~18歳という時期は、思春期の身体も精神も大きく成長する6年間です。第二反抗期があるのも、これまでは親の庇護の下にいた子どもたちが、親離れをしながら自己を確立し、自立していく過程だからです。

このような時期に、女子校では女子の特性を生かしたきめこまかな指導をすることができます。女子の心理は単純ではありません。私たち教員は、話したくても素直になれないなど悩みに向き合う女子特有の心理を、深く理解し指導するよう日々努めています。

また、女子は集団の中に自分の居場所を見つけ、安心して学校生活が送れるようになってはじめて、学習面でも大きな力を発揮できるようになります。そこで、鷗友学園では学校全体で、支え合い、励まし合い、高めあう経験を多くもつことができる集団作りに取り組んでいます。それぞれ多様な目標に向かって努力する同性の友人に囲まれることで、自分なりの進路を自由な視点で見出すことができます。

そして、一生つきあえる友人に多く出会えることも、女子校ならではの特長です。生徒たち一人ひとりは、将来さまざまな分野で活躍する人たちですが、大人になっても共に励まし合い、分かち合うことのできる同性の友を学園生活の中で得ることができるはずです。

鷗友学園では、体験を多く盛り込んだ授業と生徒の自主的活動の機会を多く提供し、他者との共感的なつながりの中で本質的な学びができるよう心がけています。ぜひ学校見学をしていただき、明るく、生き生きと活躍している生徒の様子をご覧ください。
中学から高校への進学基準はどのようになっていますか
本校は併設型中高一貫教育校なので、全員が高校へ進学することができます。ただし、生活面などで大きな問題がある場合や、高校への進学を希望しない場合はこの限りではありません。
転勤によって転出した後、また戻ってきたときには復学できますか
原則として受け入れています。中学→転出→中学の場合は、ほとんど無条件で戻れます。中学→転出→高校、高校→転出→高校の場合には、転・編入試験を受けていただきますが、優先的に受け入れます。 また、海外から帰国したために学力に不安がある場合には、1学年下の学年に編入するなどの措置をとることもあります。

 

学校案内