鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 10月4日 維持会主催音楽会

10月4日 維持会主催音楽会

2014.10.04

鴎友学園維持会は、鴎友学園の教育活動支援のための基金づくりと、その適切・有効な活用のための団体です。
今日は維持会が主催して、スイスアンサンブル エンツィアン(リンドウの意味)を招き、午後からホールで
「アルプスに響くスイスヨーデルと民俗音楽の調べ」というコンサートを開催しました。

スイスアンサンブル エンツィアンの代表伊藤啓子さんは2005年以来4大会連続でスイス連邦ヨーデル大会に出場、
最高評価を受け、2014年の日本とスイスの国交樹立150周年を祝うイベントにも招かれて大活躍しました。
ピアノとヨーデルを担当する武居ゆりさんは妹で、二人のお母様は鴎友学園の卒業生でもあります。
アルプホルンやカウベルなど、珍しい民俗楽器の音色も交えた民俗音楽を聴かせてくださいました。

アルプホルンの重厚な調べや、力強い低音と裏返った突き抜けるような高音がコロコロと入れ替わるヨーデル、
少人数の編成でしたが、ホールの音響も手伝って、とてもすばらしいコンサートになりました。
前半の最後では、鴎友学園の合唱同好会の中高生が共演し、おお!ブレネリを楽しく歌いました。

また、スイスの文化や政治の話など、あまりなじみのなかったスイスについてもいろいろ知ることができました。

鷗友徒然草