鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 4月22日 塾の先生方対象入試報告会

4月22日 塾の先生方対象入試報告会

2015.04.23

2015年度入試報告会がホールで開かれ、約170名の塾の先生、出版・広告・模擬試験関係の皆様にご出席いただきました。

冒頭、校長から鴎友の校訓を作った市川源三による「自由教育・リベラルアーツ・全人教育」と、
その一番弟子であった石川志づによる「英語教育・国際理解教育・キリスト教精神」が現在の鴎友の原点となっていること、
変化する社会で求められる思考力・判断力・表現力などを育てるための「女子教育」を、過去の四科総合入試でも見られるように、これまでもやってきましたし、これからもしっかりとやっていくという決意が述べられました。

広報部長からは、今年の入試結果と、2016年入試ではこれまでの3回入試から2回入試に入試回数を減らし、
第1回を2月1日(月)募集人員約180名、第2回を2月3日(水)募集人員約40名とすることを公表しました。
また、大学合格状況について、国公立難関校、早慶上智、医学部などの合格者数が年々伸びていることがグラフで示されました。

その後、各教科の担当者から、四科の出題方針、採点基準、今年の問題傾向、今後の勉強法などの説明がありました。
ホールの入り口には、各教科で使われているテキストや、生徒の日常を写したパネルが展示されていました。
また、校内には新入生勧誘のクラブのポスターが貼ってあり、新学期の雰囲気が学校中にあふれています。
図書館のウィンドウ・ギャラリーも班活動の紹介になっています。来週は文化系の班活動の紹介に変わるようです。

5月16日(土)に開催される保護者対象入試報告会でも、今回とほぼ同じ内容で説明させていただく予定です。
2回とも一旦満席になりましたが、定員を増員して現在もホームページ上で予約を受け付けています。

鷗友徒然草