修学旅行

更新情報

  1. ホーム
  2. 修学旅行
  3. 11月26日 中学3年生修学旅行2日目

11月26日 中学3年生修学旅行2日目

2015.11.27

今日は修学旅行の目的・意義の一つである「沖縄の自然・歴史・文化を学ぶ」ために、コースにわかれて過ごしました。
風が強かったものの雨は降らず、時々太陽も顔をのぞかせるお天気でした。

シーカヤック・ビーチトレッキングコースは、まず午前中に全体を半分に分けシーカヤックと里散策をしました。シーカヤックは初めてのひとが多かったようですが、インストラクターさんの指示で2人乗りのカヤックを協力して漕いでいました。慣れてくると周りの景色や海の中の生き物を観察する余裕もでてきました。
里散策では近くの集落の「石敢當」やシーサーを発見しました。午後はビーチトレッキングです。サンゴ礁の石灰岩が侵食されてできた奇岩が作り出す景色を眺め、一日を通して海の自然を体感しました。

リバートレッキングと琉球村コースは今年から新たに新設されたコースです。巨大なシダ植物が生い茂る亜熱帯のジャングルを抜け、やんばるの清流を歩いていきます。川の水は入った瞬間は冷たく感じたものの、慣れてくるとひんやりと気持ちよく、その先にある滝まで歩きとおすことができました。お昼ご飯を食べてたあと琉球村で沖縄の昔の建物などを見学しました。

沖縄体験コースは、恩納村の商工会が住民参加の「ふれあい」をコンセプトにして行っている「ふれあい体験学習」に参加しました。家庭料理作り、シーサーの置物づくり、アガラサー(沖縄の伝統菓子)づくり、サンシン体験、紅型体験、サトウキビ収穫体験、琉球舞踊体験、海辺のエコツアーのなかから一人2つ体験することができます。異なる文化を体験し、地元の人とふれあい感謝しあう充実した時間を持つことができました。サンシンと琉球舞踊を学んだ人たちによる発表会もありました。体験が終わった後は琉球村を見学しました。

伊江島サイクリングコースは、フェリーで伊江島にわたり、レンタサイクルで島内をグループごとに巡りました。島の中央にそびえたつ城山(タッチュー)にのぼったり、ワジーと呼ばれる真水の湧出地を眺めることができる展望台や、ニヤティヤ洞という海に面した洞窟に行ったり、風が強い中でしたが地図を見ながら島内を颯爽と自転車で駆け抜けていました。

それぞれのコースがそれぞれに「沖縄の自然・歴史・文化」を身をもって学ぶことができました。明日は宿舎が移動になるため夕食後には2泊お世話になったホテルの方にもご挨拶しました。

明日から修学旅行も後半、「平和」について考える機会を持つ平和学習が始まります。今日までの楽しい気持ちも忘れずに、しかし気を引き締めてしっかりと学びを深めていこうと思います。

修学旅行