鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 12月22日 全校クリスマス

12月22日 全校クリスマス

2015.12.22

全校クリスマスが体育館で行われました。
管弦楽班による奏楽「Joy of Man’s Desiring」
讃美歌98番「あめにはさかえ」全員合唱
聖書の先生による聖書朗読、祈禱
クリスマスクワイア(有志の合唱団)による「Regina caeli」「O thou that tellest good tidings to Zion」
と静かな雰囲気の中でクリスマスをお祝いしました。

今年の聖書講話の先生は佐藤彰先生でした。
「2011年3月11日、東日本大震災に遭い、原発から5キロに位置する教会は一時閉鎖。協会員や地域の人たち
と共に流浪の旅に出る。約700キロの旅を経て、2013年春、放射能汚染でブロックされた故郷の南70キロに、
ふるさとの方向を向いて立つ翼の形をした教会堂を再建。その道のりは、国内外のテレビ、新聞等でもとりあ
げられた」(ご本人によるプロフィール)とうい経歴をお持ちの先生です。
ヨハネによる福音書第3章16節を中心に「神様はあなたを愛している」と題した講話でした。
最後には全員で「故郷(ふるさと)」を合唱しました。
このお話は「鴎友学園報」の特別号でご紹介します。

讃美歌112番「もろびとこぞりて」のあと、献金、そして中学3年生~高校3年生による「Ave verum corpus
」「ハレルヤ」の合唱があり、すばらしい歌声が体育館に響き渡りました。

全校生徒がクリスマスについて思いをはせ、自分を見つめる時間を持つことができました。
今年の全員登校日は今日が最後です。明日からは冬休みです。

鷗友徒然草