鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 在校生・卒業生の活躍

在校生・卒業生の活躍

2017.01.07

三菱UFJモルガンスタンレー証券と教育と探求社の協力による「株の力」の校内プレゼンで最優秀賞を獲得したグループが、昨年の12月22日(木)に本社でプレゼンをする機会をいただきました。
他校はすべて高校1年生、2年生でしたが、鷗友の中学3年生の4人は、多少緊張しながらも持てる力を発揮し、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

ソフトテニス班が11月の予選を勝ち抜き、1月4日(水)に墨田区総合体育館で開催された高体連女子ソフトテニス専門部のインドア大会に出場しました。
善戦及ばず、残念ながら1回戦で敗退しましたが、東京都で16校が参加する大会に、久しぶりに出場したこと自体が快挙です。

中学3年生の聖書の時間では、ここ15年以上毎年前期の課題で、人間の特性をテーマに物語の創作をしています。
今回、最近3年間の佳作を集め、「OHYU神話」という文集が発行されました。人間は何故○○なのか、何故○○するのか、について書かれたユニークな作品が収録されています。

高校3年生の選択物理の時間では、今年の夏休みに卒業問題集を作ろうという課題が出され、「高3物理演習 卒業問題集」という冊子にまとめられました。
最初はエ~ッ、絶対無理という声が聞こえたのですが、多くの時間とエネルギーをかけて提出された問題は、教員が思いつかない発想や教員がここを伝えたかったというポイントをつかんだ秀作ばかりでした。 、

世田谷区の広報紙「せたがや」2017年1月1日号の冒頭に、本校の卒業生の湯川れい子氏と世田谷区長保坂展人氏の対談が掲載されました。
「世田谷区の学校を卒業しました」「どちらの学校ですか」「旭小学校に入学しました。2年生のときに山形に疎開しましたが、戦後、鷗友学園の中学・高校を卒業しています」

鷗友徒然草