鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 高校1年生世界史「模擬安全保障理事会」(2月)

高校1年生世界史「模擬安全保障理事会」(2月)

2017.03.11

2月に高校1年生の世界史の授業では「模擬安全保障理事会」をおこないました。

クラスを常任理事国5、非常任理事国8の計13カ国にグループ分けし、「核兵器全面禁止条約に関する議決案※核兵器の全面禁止(開発・生産・貯蔵・使用)と廃棄」について話し合いをしました。
議題に対する各国の是非の立場は現実社会の情勢をふまえて判断しなければならないので、担当国決定の後、図書館でそれぞれの国の政治事情、外交史、外交政策などをワークシートを用いながら調べる時間を持ちました。開会の前には各国の事前調整をする時間があり、その後授業2回に渡り模擬安全保障理事会が開かれました。

どのクラスも議長国を中心に「核は戦争に対する抑止力となるのか」「核がなくなることはすなわち平和に通じるのか」「この議決案に賛成する理由、反対する理由」等といったことから、模擬安全保障理事会参加国同士の同盟関係やそれぞれの歴史についてといったことまで真剣な討論を交わし、採決を目指しました。
結果的に議決案はどのクラスにおいても否決され、「核全面廃棄」の難しさが実感として得られる経験になったと思います。しかし、現実の国連でもこの議題は討議を続けることが確定しており、真の平和を考える上でも重要な課題と言えます。

鷗友徒然草