鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 洛中洛外図屏風の展示

洛中洛外図屏風の展示

2017.11.13

毎年この時期にお借りしている国立歴史民俗博物館所蔵の洛中洛外図屏風(歴博甲本)のレプリカが今年も高校2年生の教室付近に飾られています。
洛中洛外図屏風とは京都の市街(洛中)と郊外(洛外)の景観や風俗を描いた屏風絵で1426人もの人物と京都の様々な寺社仏閣、生活の様子などが詳しく描かれています。
現在展示しているレプリカには付箋でいろいろな説明がつけられており、これは社会科の先生だけでなく生徒も参加してくれたそうです。また「よく見るために・・・」と題したプリントも近くに用意されていてこれを見ながらレプリカの付箋、屏風絵をみると大変楽しめます。
また図書館閲覧室には屏風のミニチュア版も展示されており、洛中洛外図を読み解くための書籍も共に展示されています。

どちらも11月22日まで展示中なので是非見に行って下さい。

高校2年生の奈良京都修学旅行も間近に迫り、鷗友生の日本史への造詣が深まる秋です。

鷗友徒然草