鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 戦争についての展示

戦争についての展示

2018.01.24

今年も2号館2階の白木で昭和館よりお借りしたものを用いた「戦争についての展示」をおこなっています。

昭和館の常設展示の内容をコンパクトにまとめたグラフィックパネル、実物資料(臨時召集令状、衣料切符、防火用砂袋、軍隊手帳、鉄かぶと、防災頭巾、千人針、引揚証明書など)を見ると、当時の人々がどのような暮らしを送っていたのか、教科書や本で読んでいただけのものが実感としてわかるのではないでしょうか。
中学2年生の現在の歴史の授業と連動させた企画ですが、中学3年生以上は沖縄修学旅行で平和の大切さについて学んだので理解がより深まると思います。選択日本史を履修している高校2年生が熱心に見ている姿も見られました。

土曜日までの展示ですので早めに、しかしじっくり見て下さい。社会科の先生による「しっかりと展示を見ればわかる問題15問プリント」も置いてあります。

なお、昭和館とは「主に戦没者遺族をはじめとする国民が経験した戦中・戦後(昭和10年頃から昭和30年頃までをいいます)の国民生活上の労苦についての歴史的資料・情報を収集、保存、展示し、後世代の人々にその労苦を知る機会を提供する施設」(昭和館公式websiteより)で千代田区にあります。

鷗友徒然草