専鷗会

更新情報

  1. ホーム
  2. 専鷗会,鷗友徒然草
  3. 専鷗会総会(11月17日)

専鷗会総会(11月17日)

2018.11.18

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 専攻科は、1955(昭和30)年に学園創立20周年記念事業として、知識や教養の向上のみならず、人間として、女性として基本的に持つべきものを育てるフィニシングスクールとして設立されました。800人以上の卒業生を世に送り出しましたが、時代の流れと共にその役割を終え、1995(平成7)年に最終募集、1997(平成9)年に42年間の歴史に幕を下ろしました。
 ただし、東京都に閉校の届け出を出したのは2005(平成17)年3月で、同時に専攻科の同窓会「専鷗会」が発足しました。その後、現在に至るまでさまざまな活動を活発に続けていて、学園祭の手作り小物販売やクリスマスグッズ手作り販売なども行っていただいています。

 昨日は、2年に一度の同窓会=総会の第7回目、お世話になった先生方や同窓生など、50人ほどが集まりました。最初に会長による開会の挨拶、理事長の音頭による乾杯の後、元校長で、専攻科の主事(校長)として、また専鷗会の活動に大きく貢献してくださった小林和子先生の満99歳、数えで100歳のお祝いをしました。その後、食事をしながら旧先生や同窓生から、専攻科の授業のこと、建物のこと、研修旅行のこと、中学1年生や高校1年生の山荘生活でのヘルパーのことなど、思い出話をたくさんうかがいました。最後に記念撮影、校歌斉唱でお開きになりました。2年後、また是非ここに集まった皆さんがそろって、さらに多くの同窓生と共に集まってくださることを願っています。

専鷗会