小説「私たちのストーリー」

更新情報

  1. ホーム
  2. 小説「私たちのストーリー」
  3. 第二回 入学式(2)

第二回 入学式(2)

2019.01.31

 正門から校舎の中に入る。左手に事務室のある吹き抜けの空間には、天井からモビールが下がっている。銀・青・グレーの無数のきらめきが水の波紋を表している。その空間の南のガラスからは校庭が見える。事務室の脇の可動式掲示板の前には、人だかりができていた。クラス分けの発表だ。急に胸がきゅっとして、苦しくなる。担任の先生はどんな人だろう。友達はできるだろうか。同じ小学校からは、誰もこの学校に進学していないので、私には知り合いがいない。自分の性格は明るい方だとは思うけれど、友達をどんどん作れるようなタイプでもない。

「1年4組1番 相沢 佳連  あいざわ かれん」
 私の名前はすぐに見つかった。予想通り名簿の一番上にあったからだ。「あいざわ」よりも五十音順で先に来る苗字などあるのだろうか。小学校でも音楽のテストで一番最初に歌わないといけなかったり、掃除当番はみんなより多く回ってきたり。できれば目立ちたくないのに、それもかなわない。将来は「渡辺さん」か「山田さん」と結婚しよう。

 掲示板の脇には白くて細長いテーブルが四台置いてある。その上にアクリル製の名札が並んでいた。左から1組、2組と二クラスずつ。私は4組という表示のところへおそるおそる進んでいく。ベージュのスーツを着た髪の長い女の先生が声をかけてくれた。

「ご入学おめでとうございます。お名前をお願いします。」
「……相沢です」
「相沢さんですね。こちらの名札をつけてください。」
「はい」

私は小さな震える声で答えた。その女の先生は優しい笑顔ではきはきとした口調だった。あの先生が担任の先生なのだろうか。だったら私ももっと笑顔で大きな声で挨拶すればよかった。でも私の手と足はすでに感覚がない。ふわふわと浮かんでいるような気分だ。ついさきほど電車を降りたときには、あんなに喜びに満たされていたのに。これが「緊張」というものなのだろうか。

 入学式の会場は体育館だ。鷗友学園では「アリーナ」という。 モビールの空間から、細長い廊下を通って行く。廊下の左手には、クラブ活動の連絡用掲示板がある。新入生を歓迎する各クラブのメッセージにあふれていた。お母さんが掲示板に夢中になって喜んでいたけれど、今の私にはそれをじっくり見る余裕さえなかった。

 アリーナの扉は開いていて、そこにもまた大勢の先生方が立っていた。先生ってこんなにたくさんいるんだな、小学校とは全然ちがう。

「おめでとうございます。」
「保護者の方はこちらへどうぞ。お嬢様は、手前の扉から入ってください。入り口側が1組、奥が8組です。」

 お父さんやお母さんとは別の席だ。ちょっとひるんでから、私は舞台の近くの生徒席へ進んだ。4組の座席の前には、プラカードを持った上級生が立っている。何年生かはわからないけれど、紺のリボンをしているから高校生だと思う。背が高くて背筋がぴんとしていてかっこいい。私はその上級生に見とれながら、自分の席に座った。少し早く着きすぎてしまったのか、なんと一番乗りだ。3組や5組には何人かの新入生が座っているが、4組の席にはまだ誰もいなかった。

「ふう…」

 一息ついて鞄を椅子の下に置く。やっぱり自分は緊張していることに気づいた。肩や首が自分のものではないかのようだ。開式は九時三十分だから、まだあと三十分もある。だまって座っていると、ますます緊張が募りそうだ。

「おはよう!ねえ、あなた4組1番の人?」

 突然、肩をポンポンとたたかれた。恐る恐る顔を上げると、まぶしいくらいの笑顔がそこにあった。すらりと伸びた背に肩までのサラサラの髪。制服が似合ってる。鞄には猫のマスコットをつけている。上級生かな?赤リボンだから中学二年生なのかな、と思った。

「あ、はい。そうです。おはようございます。」
「よかったー、私2番なの。隣の席だね。よろしく。」

 どうやら彼女も新入生だったようだ。私は驚いた。大人っぽいし、コミュニケーション能力も高いし、おしゃれな子だ。こんな素敵なクラスメイトがいるなんて、ますます緊張する。でもなんだか少しうれしいような気もする。

「私の名前は、石田真琴。マコって呼んでね!」

 そういって真琴はまた私の肩をポンとたたく。そして鞄をドンっと床に置いて私の隣の席に座った。

「名前、なんて言うの?」
「あ、相沢……佳連です。」
「カレン?えー、外国の人みたいな名前だね。カタカナなの?どういう意味なの?」
「ううん、漢字だよ。えっとね…」

 私は自分の名前の漢字と、由来をがんばって説明した。「佳」はしあわせで、「連」は連なる。幸せが続くようにと、お父さんが一生懸命考えてくれた、大好きな名前。

 「超かわいい名前ー。おしゃれだよね。いいなあ。私なんて普通の名前だよね、お姉ちゃんが美琴で私が真琴。あ、お姉ちゃんが中三にいるんだー。」

 真琴はどんどん話してくれた。とまらない。姉に誘われて、学園祭やオープンキャンパスなどで何度も鷗友に来ていたらしい。新入生なのに、ずいぶん前から学校に通っているみたいだった。話題の途切れない、頭の回転の早い子だ。私は話を聞く方が好きだから、真琴との会話が心地よかった。でも私もできるだけがんばって、たくさん話した。そしていつしか私の緊張はほぐれ、開式までの三十分があっという間に感じられた。

 

 入学式は校長先生や生徒会長の話があって一時間ほどで終わった。その後は教室でこれからの学園生活の説明を受け、記念写真を撮り、長い長い鷗友学園での第一日が終わった。今日は本当にたくさんの人やたくさんの物と出会った。頭がパンクしそうだし、全く気持ちが整理できない。そんな中、真琴との出会いは、私の心の一番目立つところに存在している。実は一番不安に思っていた、友達ができるかという問題。真琴の登場で全てが希望に変わるような気がした。私はこの場所できっと、輝くことができる。私はゆっくりと、そして順調に最初の一歩を踏み出したのだ。

小説「私たちのストーリー」