卒業生向けトピックス

更新情報

  1. ホーム
  2. 卒業生向けトピックス,鷗友徒然草
  3. 柳亭こみち講演・落語の会

柳亭こみち講演・落語の会

2019.02.23

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

午後、鷗友学園支援会主催「柳亭こみち講演・落語の会」が開かれました。

鷗友学園支援会は、学園の在校生、保護者、現旧教職員、卒業生、役員・評議員、地域団体等々、鷗友に連なる多くの方々の協力をを得て、鷗友学園の教育のより一層の振興を支援することを目的として設立されたものです。

柳亭こみちさんは元ゆきわ会(同窓会)会長のお嬢様で、大学卒業後、出版社勤務を経て2003年に柳亭燕路に入門、2017年に真打ちに昇進しました。

講演では、「人権」などまったくない見習い修業時代の大変さ、前座、二つ目と昇進していく過程でのさまざまな「苦労」話、漫才をしているご主人をいかに射止めたか、そして2人のお子さんが……と、笑いながらほろりとする、楽しいお話でした。休憩の後、落語を二席、披露してくださいました。

男社会の落語の世界で、女性の真打ちは数えるほどです。男性と同じ恰好をして高座に上がる方が多い中、こみちさんは女物の着物で通し、男性、女性の役割を女性として演じ分けるなど、これまでの落語の世界の枠を外し、女性として自分らしく生きながら、落語家をしていらっしゃるすてきな方です。

ホールいっぱいのお客様と共に、おおいに笑った楽しいひとときでした。柳亭こみちさん、ありがとうございました。

卒業生向けトピックス