鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 後期終業式・中学校卒業証書授与式

後期終業式・中学校卒業証書授与式

2019.03.20

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

2018年度の最後の日、午前中は後期終業式が行われました。
奏楽の後、校長先生のお話がありました。
「八支部総合体育大会で中学が優勝しました。玄関に優勝旗が飾ってあります。それぞれのクラブの力が合わさって勝ち取ったものです。」「学校は失敗しても良いところ、互いの失敗を認め、間違えてもいい、違っていていい、相手に合わせるのではなく自分の意見を言いあえる空間が学校です」というお話でした。

次に送別式が行われ、今年度で退職される先生方をお送りしました。代表の2人の先生からお話をうかがい、校友会会長がお別れの言葉を述べ、生徒代表から先生方に花束を贈呈しました。

最後に、今年に入ってからいただいてきた賞状の伝達が行われました。

各クラスに戻り、4月からのクラス替えを前にして担任の先生からこのクラス最後のお話がありました。また、2018年度の学年成績の通知票が一人ひとりに手渡されました。

午後、中学校卒業証書授与式が挙行されました。
奏楽の後、担任の先生の呼名によってその場で返事をして起立し、クラスの代表が校長先生から卒業証書を受け取りました。
校長先生から「喜びは上書き保存され、辛いことは新しいフォルダーに一つ一つ保存されると言いますが、うれしいことの一つひとつを新しいフォルダーに名前をつけて保存していきましょう」という祝いの言葉、卒業生総代から「お互いに相手のことをわかり合い、言いたいことを言える関係ができたから、私たちはこれだけいろいろなことにチャレンジできた。高校生になっても続けていきたい」という誓いの言葉がありました。最後に卒業生の歌を全員で歌い、保護者と共に校庭で記念撮影をしました。
  

鷗友徒然草