鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 中学3年公民で模擬裁判をしていました

中学3年公民で模擬裁判をしていました

2021.06.23

中学3年生の公民の授業で、模擬裁判を行なっているクラスがありました。
裁判官、検察官、弁護士、裁判員等の配役をクラスで決め、教室を裁判所に見立てて証言台や傍聴席、裁判員席、裁判官席、検察官席、弁護士席等の座席を配置しました。
今回は、被告人が被害者を突き飛ばしてお金を奪い、重傷を負わせたという強盗致傷事件についての刑事裁判(裁判員裁判)の第一審を台本に沿って進めていきます。
判決が出るまでは台本通りに裁判は進みますが、判決は裁判員によって決定されるためクラスによって結果が異なります。

この授業により、裁判の流れを実感したり、それぞれの立場の考えを理解し主張したり反論することの大切さや難しさを学んだりすることができました。
裁判員役の生徒は、裁判の進行を時にメモをとりながら注意深く見守り、裁判員全員で悩みながらもそのクラスなりの判決を出していました。

鷗友徒然草