修学旅行

更新情報

  1. ホーム
  2. 修学旅行
  3. 高校2年修学旅行

高校2年修学旅行

2021.12.20

高校2年生は11月末、4泊5日の日程で奈良・京都へ修学旅行に行きました。中学同様、学校生活での感染対策に加え、旅行中の検温や消毒などを徹底することで実施することができました。

高2修学旅行の目的は「日本文化の神髄に触れる」「奈良・京都の史跡や文化財を見学して、古き良きものに対する関心を深める」「集団生活を通じて、自分を律することを学ぶ」の3つでした。

1日目、2日目は奈良を訪れ、クラスごとに室生寺や長谷寺、安部文殊院、飛鳥寺や法隆寺、唐招提寺などを巡り鷗友の修学旅行ならではの「時代を辿る旅」をスタートさせました。

2日目の晩には名物「義経鍋」をいただき、食を通して歴史に触れることができました。

3日目は奈良個人選択の日でした。各コースに分かれ引率の先生方やガイドさんの解説と共に見学をしました。全コース共通で訪れた浄瑠璃寺では住職さんのお話を聞き、さらに知識を深めて見学を行うことができました。この日の晩には京都を訪れ、3クラスごとに分宿をしました。

4日目はグループに分かれ、自主研究見学を行いました。見学地へのルートや交通費などを学校で事前に調べ、行程表通りに見学を進めていきました。途中大雨が降り、また比叡山の方では雪が降っていたようで、寒い一日となりましたが各グループ知識と共に絆を深め、充実した自主研究日となりました。

最終日はクラスごとに各見学地を訪れ、お昼には精進料理をいただきました。「食も修行と考え、残さず食べましょう」というお店の方からのお話を聞き、静かに味わって食事をしました。

事前学習を丁寧に行い修学旅行に臨んだことで、見学地のお寺の方に「こんなに詳しい女子高生は初めて見ました。事前にたくさんの予習をされているのですね」とお褒めの言葉をいただくことができました。

見学や食事を通して日本文化の神髄に触れ、古き良きものへの関心を深め、また自主研究見学や宿での生活、バス車内など集団での活動を通して、仲間を思いやる大切さを学び絆を深め「修学」することのできた旅となりました。

修学旅行