鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 全校クリスマス(12月21日)

全校クリスマス(12月21日)

2021.12.22

今日は全校クリスマスの日でした。
例年全校がアリーナに集い、クリスマスをお祝いしていましたが、今年度は昨年度同様、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から管弦楽班とクリスマスクワイア、そして奉仕委員等がアリーナで式に参加し、それ以外の生徒は教室からライヴ配信を視聴しました。

管弦楽班による奏楽、讃美歌の合唱、高橋先生の聖書朗読、祈禱、クリスマスクワイアによるAve verum corpusの後、本校で聖書科を担当してくださっている米田あかね先生から「兆し きざはし 天の星」という講話をうかがいました。

その後、献金、讃美歌、管弦楽班の伴奏で中学3年生と高校生による「ハレルヤ」の合唱、高橋先生の祝禱、後奏がありました。

以下生徒の講話の感想です。
「心の闇の部分を放っておいたり、人にむやみに話す必要はないが、自分でしっかりと感じて心をしずめる時も必要というのが私にとって新しい考え方だと思った。また、きざしを感じたらそこへ向かっていくことで、成功へむかえると思った」
「兆しが見える人には、見える理由がその人の中にあって、大切なのは、そのきっかけのようなものを、何らかの形で知ったときは、行動を起こすことかなと思う」
自分と向かい合う良い時間を持てたようです。

今日で年内の登校は終了し冬季休暇に入ります。みなさん良い年をお迎え下さい。

鷗友徒然草