鷗友徒然草アーカイブ

  1. 鷗友学園
  2.  
  3. 鷗友徒然草アーカイブ
  4. 修学旅行
  5. 中学3年修学旅行

中学3年修学旅行

2022.12.22

中学3年生は11月末に3泊4日の日程で、沖縄へ修学旅行に行きました。
宿泊・食事施設、見学施設や旅行会社と感染対策に関して周到な打ち合わせを行い、また生徒にも事前指導、旅行中の検温・消毒などを徹底し実施することが出来ました。

初日は那覇空港に到着後、バスで美ら海水族館に向かいました。水族館では沖縄ならではのサンゴの大規模展示やジンベエザメの泳ぐ姿に歓声が上がりました。
2日目は「マングローブカヤック・ビーチトレッキングコース」「沖縄体験コース」「伊江島コース」のなかからそれぞれが選択したコースを体験しました。
マングローブカヤック・ビーチトレッキングコースは、2人ひと組でカヤックに乗り込みマングローブの近くまでカヤックを漕ぎ身近に沖縄の自然を感じました。ビーチトレッキングではインストラクターさんに海の生物を説明していただきながら散策をしました。沖縄体験コースではサトウキビ収穫・黒糖作り、紅型体験、シーサー作り、琉球グラス作成、琉球舞踊体験、サンシン体験、ジェルキャンドル作成から2種目の選択が可能でそれぞれが熱中して沖縄の文化を体感していました。伊江島コースは自転車をレンタルし島内を自転車でめぐりました。坂道にも負けず元気に自転車を漕ぐ姿が見られました。

3日目からは平和学習がメインです。
3日目は各クラスのバスに平和ガイドさんが乗り込んでくださり、沖縄戦のお話や基地のお話を伺いながら行程を進めていきました。全員が糸数壕、ひめゆり平和祈念資料館を訪れ、またクラスによって佐喜眞美術館、嘉数高台、道の駅かでな、魂魄の塔を訪れました。佐喜眞美術館では屋上から基地をみたり、「沖縄戦の図」の前で美術館の方から作者である丸木位里さん、俊さんのこの絵への思いなどを伺ったりすることができました。
さらにこの日の夜は若梅会の方から、沖縄戦を実際に体験した方々の体験や戦争への考え方を「平和のバトン」として引き継いでいくためにどうしたらいいか、というお話を伺い、そのあとのまとめの会で自分たちの体験や感想をシェアしました。

最終日は沖縄県平和祈念資料館、平和の礎を訪れました。平和祈念資料館では沖縄戦の経緯がよくわかる映像を見ることができ、多くの生徒が今回の修学旅行の総まとめとして見入っていました。平和の礎ではクラスごとに担任の先生から説明、「平和について考えること」についてのお話を聞きました。生徒はみな修学旅行に向けてそれぞれが「平和」について考えてきましたが、さらに改めて深く「平和」を心に刻んでいました。昼食後、閉会式があり、修学旅行で学んだことをこのあとの中学校生活、また高校への学びに生かしてほしい、という団長の先生や学年主任の先生からのお話がありました。

 

修学旅行