鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 6月6日 今日のホームルーム

6月6日 今日のホームルーム

2012.06.06

中学1年生は自教室で、山荘から帰ってきたクラスは山荘関係のまとめなどを、
これから行くクラスは山荘の班決め、バスの座席決めなどをそれぞれ行っていました。
中学2年生は自教室で、親睦会の出場者の決定や学園祭の内容についての話し合いを行っていました。
中学3年生は自教室で、テーマ学習「進路・職業」の導入として「職場訪問先一覧表」や
職業講演会の案内、また「自分の学習を見つめる」ワークシートなどを配布、説明がありました。
職場訪問先は、中学3年生の保護者の皆様からのご協力で約30の受け入れ先を提示することができ、
これから生徒の希望をとった上で数名から30名規模で訪問させていただきます。
職業講演会は経済広報センターの企画で、今回は3つの企業に講演していただく予定です。

高校1年生は自教室で、クエスト・エデュケーショナル・プログラムの第1回を行いました。
アニメーションのオープニング、担任の先生による語り、生徒と先生の対話などを行いました。
高校3年生はホールで、センター試験や推薦入試、AO入試などの基本的な考え方の講話がありました。

高校2年生は、理系希望者が001教室、文系希望者が階段教室に移動し、大学模擬授業を受講しました。
文系の講演者は、早稲田大学文学学術院の村井誠人先生で、北欧人のアイデンティティは
ヴァイキングにあること、高校で習ったことを鵜呑みにせず、大学では本質を追求しようという講義、
理系の講演者は、東京薬科大学生命科学部の渡辺一哉先生で「21世紀を創る君たちへ」というテーマで
化石エネルギーの枯渇が近づいている今、微生物を利用して電池を作るという講義でした。
難しい内容もありましたが、大学の生の講義に触れ、触発された人も多かったようです。

鷗友徒然草