鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 11月1日 現代社会の発表学習始まる

11月1日 現代社会の発表学習始まる

2012.11.01

中学3年生の現代社会の授業では、各クラスとも中間考査1の返却が終わり、小論文の発表学習が始まりました。

5月頃から新聞のスクラップを始め、その中から先生のアドバイスを受けて各自がテーマを決めました。
夏休みにはいろいろ調べたことををまとめ、自分が政策立案者になったつもりで解決策を考え、それをレポートにし、
さらに秋には小論文にまとめてきました。発表学習では、小論文をもとにしながら、要点をまとめたレジュメを作ったり、
大きなチャートを用意したりして発表します。聞く方は、クラス全員の小論文をまとめた小冊子、相互採点表、
発表者が作成したレジュメを机の上に置き、熱心に発表を聞き、質問をしていました。

新聞のスクラップをしていた時には、原子力発電所や電力不足がテーマに入っている生徒が多かったようですが、
なるべくぶつかりの少ないオリジナルなテーマを考えましょうとの指導で、在宅医療や医師不足、尖閣諸島やミャンマー、
EUと欧州危機、TPPや消費税、電子書籍やネットの危険性、憲法9条や選挙方法、裁判員制度やAIJ投資顧問、
農業生産者と消費者、少子高齢化や孤独死、秋入学や著作権の問題など、さまざまな問題が取り上げられました。
これから期末考査までの期間は発表学習が続き、12月の考査では大きなテーマによる論文試験が課されます。

鷗友徒然草