鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草
  3. 1月25日 「いつの日も」

1月25日 「いつの日も」

2013.01.25

放課後、演劇班の自主公演が行われました。「いつの日も」という題で、、「大東亜戦争」直後の東京が舞台です。
戦争の記憶を失った少女と、戦争の記憶に囚われている作家を中心としたお話でした。

キャストとスタッフが見事に調和し、一人で生きているんじゃないというテーマで素晴らしい舞台を見せてくれました。
とくに今回は、年代や状況に応じた表情によって、心理状態をよく表現していたことが印象に残りました。

鷗友徒然草