鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草

ブラスバンド班定期演奏会

2017.03.24

DSC_0184DSC_0161DSC_0172DSC_0180

3月23日、ブラスバンド班の第16回定期演奏会が府中の森芸術劇場どりーむホールで開催されました。多くの方にご来場いただき、開場前には入場を待つ長い行列ができたほどでした。

第1部はクラシカル・ステージとして「序曲春の猟犬」、「月下に浮かぶひとすじの道標~3.11超克の祈り~」、コーチの先生をコンチェルトにお迎えして「La Califfa」、OGによる「千と千尋の神隠し」ハイライト、「華麗なる舞曲」を演奏しました。
第2部はワールド・ツアー・アルバムと題して世界各国の曲を演奏しました。
第1部は制服での演奏でしたが第2部では楽器のパートごとに色分けしたカラフルなTシャツに身を包み、「あの日聞いた歌」、「アフリカン・シンフォニー」、「アマデウス、浮かれる!~モーツァルト・メドレー」、「アラジンメドレー」、「レット・イット・ビー」、「マンボNo.5」、「ハリウッド・マイルストーンズ」など賑やかで活力溢れる演奏でホールからは手拍子もわき起こりました。曲紹介も旅客機の乗務員を模して行なったり、クイズを取り入れたり趣向を凝らしていました。

アンコールでの「栄光の架け橋」では、この演奏会で引退する高校2年生のソロと共に、班長から、ブラスバンド班での活動は時に涙することもあったけれどとても充実していた、このような時間を持てたことに関係する全ての皆さんに感謝したい、と挨拶がありました。

終演後はロビーで高校2年生が来場の皆さんにご挨拶していました。また後輩たちは、引退する先輩と別れを惜しんで涙したり写真撮影をしたりしていました。

ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。

学園の植物-483

2017.03.20

プリムラ・ジュリアン(図書館裏)ネモフィラ(図書館裏)ネモフィラ(園芸実習園側)ネモフィラ(園芸実習園側)パンジー(図書館裏)パンジー(図書館裏)パンジー(図書館裏)パンジー(図書館裏)クリスマスローズ(流れの小径)フクジュソウ(流れの小径)インゲン(園芸実習園)ヒメオドリコソウ(園芸実習園)スイセン(園芸実習園側)スイセン(園芸実習園側)スイセン(城山通り沿い)スイセン(園芸実習園側)ハナニラ(園芸実習園側)カラスノエンドウ(園芸実習園側)ワスレナグサ(園芸実習園側)サンシュユ(城山通り沿い)
ボケ(城山通り沿い)ハクモクレン(三角地帯)ツツジ(4号館前)ユスラウメ(園芸実習園)ツバキ(城山通り沿い)ツバキ(城山通り沿い)ツバキ(園芸実習園側)ツバキ(園芸実習園側)

今日は、プリムラ・ジュリアン、ネモフィラ×3、パンジー×4、クリスマスローズ、フクジュソウ、インゲン、ヒメオドリコソウ、スイセン×4、ハナニラ、カラスノエンドウ、ワスレナグサ、サンシュユ、ボケ、ハクモクレン、ツツジ、ユスラウメ、ツバキ×4です。

PTAコーラス 春のファーストコンサート

2017.03.19

鷗友学園PTAコーラス「春のファーストコンサート」が、午後からホールで開催されました。
現在のPTAコーラスは在校生や卒業生の保護者を中心に1994年に発足し、
校内行事での発表や世田谷合唱祭への参加はありましたが、校内では初のコンサートです。

前身のPTAコーラス部は1950年代に発足し、親子2代で参加していらっしゃる方もあります。
当初から音楽科教諭が指導し、とくに前任の芝泰志先生の熱心な指導は今でも語り継がれています。
現在は後任の柏いずみ先生が指導、卒業生の荒由香里さんが伴奏をしてくださっています。

今日の第1部は芝先生時代の曲を中心に、
「唱歌メドレー」、「はる」、「Ave Maria」、「パリの空の下」、「ウィーン わが夢の街」、
第2部は合唱同好会による「友~旅立ちの時~」、「サクラ色」。
そして柏先生がチャレンジしようと歌い始めたという木下牧子さんの曲を中心に
「どこかに」、「夢」、「むらさきの」、「風をみた人」などが披露されました。

暖かい一日、多くの関係者の皆様にご来場いただき、素晴らしい歌声を堪能することができました。

終業式、送別式、中学卒業証書授与式など

2017.03.18

午前中は体育館で後期終業式がありました。校長先生より「去年の4月、この学年が始まるときにはどのような決意をしましたか。その目標は達成できましたか?精神科医で作家の加賀乙彦さんは「成功」の反意語は「失敗」ではなく「チャレンジしないこと」だと言っています。日常生活の中でも、勉強でも、失敗をおそれずにいろいろとチャレンジを続けて下さい。この1年、頑張れた人は更にもう一歩自分の枠から踏み出し次のステージに向けてチャレンジしましょう。頑張ったはずだったけれどうまくいかなかった人は失敗したことを糧にし、チャレンジした自分をほめてあげましょう」といった話がありました。
校歌を歌って終業式を終えると、そのまま送別式になりました。
今年度、14名の先生方がご退職になります。今日は6名の先生方が壇上で挨拶をして下さいました。どの先生方も鷗友での思い出や忘れられないエピソードを披露して下さると共に鷗友生へのエールを送ってくださいました。先生方、今までありがとうございました。
また校友会会長が先生方の授業のことなどにふれた挨拶をし、「これからも教えていただいたことを忘れずに毎日を過ごしていきたい」と在校生を代表してお礼しました。先生方には花束が贈られました。

続けて今日は賞状伝達がありました。
ダンス班「北沢警察署主催「第22回交通安全宣言都市せたがや区民のつどい」参加記念」
運動部「第8支部第70回総合体育大会女子中学の部第3位」「第8支部第70回総合体育大会高校女子の部第6位」
学科書道「公益財団法人日本武道館主催第53回全日本書き初め大展覧会優秀団体賞、
審査委員長奨励賞、日本武道館奨励賞、日本武道館賞」
課外書道「第32回全国学生書き初め展覧会毛筆の部優秀特選」
囲碁同好会「平成28年度東京都高等学校文化祭囲碁部門優秀賞、個人表彰」「関東地区高等学校囲碁選手権大会女子9路準優勝」「関東地区高等学校囲碁選手権大会女子団体第5位」「東京都中学囲碁秋季大会個人Dクラス優勝」「東京都中学囲碁冬季大会個人Cクラス優勝」
ブラスバンド班「第2回東京吹奏楽コンクール新人戦高等学校部門銀賞」
陸上班「第55回東京都中学校ロードレース大会女子2・3年1km競争第7位」
剣道班「浜田杯中体連新人剣道大会第3位」「第58回世田谷区少年剣道大会中学女子の部第3位」
理科班「第49回生物研究の集い、研究課題「ネズミの消臭に関する実験」ラボラトリー賞」「第56回東京私立中学高等学校理科研究会」
中学2年生個人「第30回東洋大学「現代百人一首」応募総数52,428首から選ばれた100首2名入選(特に優れた15首「秀逸」1名)」
英語スピーチ個人「第66回第8支部スピーチコンテスト暗唱部門第2位」
水泳班「第66回世田谷区区民大会個人の部女子50m背泳ぎ第1位、女子50mバタフライ第2位、
女子200m個人メドレー第3位、女子100m背泳ぎ第3位、中学の部女子50m平泳ぎ第2位、
女子100m平泳ぎ第3位、団体の部女子200mフリーリレー第1位、女子200mメドレーリレー第2位」

多くの生徒が壇上に上がり、賞状や盾、メダルやトロフィーを受け取り大きな拍手が送られました。

午後は体育館で第70回卒業証書授与式が行なわれました。多くの保護者の皆さんにも参列いただきました。
奏楽のあと卒業証書授与がありました。
クラスごとに担任の先生から名前を呼ばれその場で起立、クラスの代表者が壇上で校長先生から
卒業証書を受け取りました。
校長先生からの祝いの言葉は、府立第一高女の卒業生で科学者の岡本歌子さんをとりあげながら「女性として、人間としての自分を知り、社会を知り、どのような未来を切り拓いていくか考えましょう。すこしずつ独り立ちしながらこれまで与えられてきた価値観にだけ頼ることなく様々な価値観の中から自由に自分らしい自分を選択してください。周囲の人を認め、大切にし、周囲の人からたくさん学んでください。しかし周囲に流されず時には立ち止まってしっかり考えてください。皆さんの成長に期待しています」というものでした。
中学3年生の代表の生徒からは、中学3年間の思い出を振り返ると共に「鷗友学園は好奇心を持って自発的に取り組んでいけばそれを受け止めてもらえる学校。社会に目を向け、貢献できるような大人になるため高校に進学しても学びを続けていきたい」という高校へ向けての決意の言葉が語られました。
卒業生の歌、校歌のあとは校庭で記念撮影を行ないました。また教室に戻り担任の先生からひとりひとりに卒業証書が手渡されました。

午後には先日卒業したばかりの元高校3年生による「受験体験を伝える会」も開催されていました。文系5名・理系3名・芸術系1名の計9名が来校し、後輩達に向けて「どのように自分の進路を定めていったか」「進学したい大学をどのように決定したか」「学校の勉強にどのように取り組んだか」「受験勉強のストレスをどう解消したか」などを話してくれました。会の後半は小さなグループになって後輩達から寄せられるたくさんの質問に持参した勉強ノートなども用いながら熱心に答えてくれていました。

親鷗会だより-4 記念植樹

2017.03.18

親鷗会では、去る11日(土)に記念植樹の植樹祭を行いました。

今、親鷗会は発足より50年を迎えようとしています。その記念として植樹を行いたいと学校にご相談させて頂き、この度、正門前の白梅を植樹させて頂けることになりました。

新しい梅の木は、現在約50歳。親鷗会と同い年です。これから、この梅の木が学園を見守っていくように、私達も学園を支えていきたいと思っています。

第69回卒業式

2017.03.15

今日は第69回卒業式が体育館であり、257名が卒業しました。また多くの保護者の皆さんも参列して下さいました。
ヴァイオリンの奏楽、学事報告のあと、担任の先生から一人ずつ名前を呼ばれ、大きく返事をし、校長先生から卒業証書を受け取りました。
また、2名の卒業生が石川志づ賞を授与されました。
校長先生の式辞は、2名の保護者からの手紙をとりあげながら卒業生が鷗友で過ごしてきた6年間を振り返り、その成長を頼もしく思うとともに、これから社会の中心となり新しい社会を創造するリーダーになってください、そのためにもこれからも不断の学びを続けて行って下さい、皆さんの洋々たる未来に期待しています、というものでした。また、理事長先生、PTA会長から祝辞をいただきました。
在校生代表からは先輩方と共に歩んだこの5年間に教わったことを忘れず後輩たちとよりよい鷗友学園を作っていきます、という送辞があり、卒業生に参加した高校1年生、高校2年生より歌が送られました。

卒業生代表謝辞は各学年での思い出を述べたあと
鷗友学園での学園生活はとても充実していました。ピンク学年にいなければ自分は今とは違う自分になっていたと思います。楽しい思い出、つらい思い出を皆で分かち合い励まし合ってきました。この学年で過ごせてよかったです。これからも「慈愛と誠実と創造」の校訓を大切にして日々努力を重ねていきたいです、
というものでした。

式は記念品贈呈、卒業生の歌、保護者代表挨拶、校歌と続き、在校生の歌で送り出された卒業生は校庭で記念撮影を行いました。
また式後には、ホールで外部団体からの表彰がありました。

最後のクラスホームルームでは、全員でお弁当を食べ、鷗友での思い出を振り返って名残を惜しんでいました。

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
卒業してからも、いつでも鷗友学園に話をしに来て下さいね。お待ちしています。

送別会

2017.03.14

明日の高校卒業式を前に、在校生による送別会が開かれました。

ブラスバンド班、箏曲班、合唱同好会、中学軽音楽同好会、高校軽音楽同好会、体操班、管弦楽班がクラブとして演奏・演技を行ったほか、事前のオーディションを通過した多くの有志の団体が、工夫を凝らした演技・演奏を披露しました。

幕間のトークも楽しく、また、最後には卒業生が活躍する映像も流れ、卒業生は6年間を振り返りながら、後輩達の熱いエールを受けとめていました。

顔写真撮影と教科書配布

2017.03.13

今日は中学1年生から高校2年生までは全員登校でした。
来年度の身分証明書に用いる顔写真をクラスごとに撮ったり、進級してから用いる教科書を指定された場所に取りに行ったり校内が賑やかでした。
中学1年生はその合間にホールで一年間のまとめと春休みの学習、来年度の向けてのお話をききました。
中学3年生は体育館で歌の練習をしました。
高校2年生もホールで合同ホームルームがあり高校3年生になるにあたり進路についてや学習についてのお話を各教科の先生からうかがいました。

奉仕委員会による赤い羽根共同募金街頭活動(3月4日)

2017.03.12

3月4日(土)、奉仕委員会が赤い羽根共同募金街頭活動をおこないました。
赤い羽根共同募金は中央共同募金会によるもので地域の課題を解決するための活動に対する支援金となるものです。

2月には校内でも各クラスの奉仕委員が呼びかけ募金活動をおこないましたが、この日は高校2年生を中心に鷗友の最寄り駅の一つである小田急線経堂駅前でこれまでの募金の使い道などをグラフで提示しながら呼びかけしました。例年おこなっている街頭活動ですが今回も道行く多くの方が募金に応じてくださいました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

活動した奉仕委員さんの感想の一部を紹介します。
「最初、ちょっと寒いなと思ったけど、一所懸命になっているうちに、寒さなんて忘れてしまった。何人かの人が募金してくれてとても嬉しかった。募金してくれる人は、子供や子供連れの人、お年寄りの人が多かったな、という印象を持った」「私は初めての募金活動でした。初めてやってみて、小さい子から高齢者の方まで幅広い人たちが笑顔でお金を入れてくれてとてもうれしくなりました。すごく貴重ないい体験になりました」

高校1年生世界史「模擬安全保障理事会」(2月)

2017.03.11

2月に高校1年生の世界史の授業では「模擬安全保障理事会」をおこないました。

クラスを常任理事国5、非常任理事国8の計13カ国にグループ分けし、「核兵器全面禁止条約に関する議決案※核兵器の全面禁止(開発・生産・貯蔵・使用)と廃棄」について話し合いをしました。
議題に対する各国の是非の立場は現実社会の情勢をふまえて判断しなければならないので、担当国決定の後、図書館でそれぞれの国の政治事情、外交史、外交政策などをワークシートを用いながら調べる時間を持ちました。開会の前には各国の事前調整をする時間があり、その後授業2回に渡り模擬安全保障理事会が開かれました。

どのクラスも議長国を中心に「核は戦争に対する抑止力となるのか」「核がなくなることはすなわち平和に通じるのか」「この議決案に賛成する理由、反対する理由」等といったことから、模擬安全保障理事会参加国同士の同盟関係やそれぞれの歴史についてといったことまで真剣な討論を交わし、採決を目指しました。
結果的に議決案はどのクラスにおいても否決され、「核全面廃棄」の難しさが実感として得られる経験になったと思います。しかし、現実の国連でもこの議題は討議を続けることが確定しており、真の平和を考える上でも重要な課題と言えます。

答案返却日

2017.03.09

今日は答案返却日で中学1年から高校2年生で全員が登校しました。

まず教室で後期期末考査の返却がありました。自分で模範解答をみて答案に疑問や訂正がある場合は担当の先生のところへいき確認をお願いしていました。
その後中学生は自教室で一年間のまとめを記入したりアンケートに答えたりしていました。
高校1年生、2年生も自教室でのホームルームのあと、体育館で卒業式の歌の練習をしました。

放課後も各クラブは熱心に校内のいろいろな場所で活動していました。
また、校長室では今年度最後のお誕生日会が開かれ、3月生まれの中学1年生16名が参加しました。これで中1全員がお誕生日を校長先生とお祝いしたことになります。今日は鷗友で1年間過ごし、自分が一番輝いていたときのこと、4月に入ってくる後輩に伝えたいことなどをそれぞれ発表し合い、和気あいあいとした時間を過ごしていました。

送別会リハーサル(3月6日)

2017.03.09

3月14日の送別会のためのリハーサルがありました。
当日と同様のタイムスケジュールで各団体の出入りの経路、照明、音声などの確認をしました。
リハーサルで得たことをもとにきっと当日素晴らしい送別のパフォーマンスを見せてくれることと思います。

後期期末考査終了と中学3年生ホームルーム

2017.03.04

3月1日から後期期末考査が行われていました。
中学生は3月3日に、高校生は4日に終了しました。

中学3年生は3日午後、ホールで合同ホームルームがあり、近畿日本ツーリストの星澤さんからのお話をうかがいました。
東日本大震災を経験した星澤さんのそのときに感じたことや、それによりご自身の進路を考え直したこと、これからの東北について自分が考えることなどを画像を交えてお話し下さいました。これからは震災を風化させないと同時に東北の楽しさを人々に知らせていきたい、と考えていらっしゃるそうです。

中学3年生からは「東北出身の方の実際に被災した話を聞くのははじめてだった。メディアを通してでしか知らなかったけれど身近に体験した人の話を聞くことは大切だと思った。貴重な体験だった」「起こったことをきちんと知って防災につなげていきたい」「普段家族や友人に感謝を伝えたりしていないけれどなにが起こるのかわからないから、言葉にして伝えて行くことが大事だとわかった」などといった感想が聞かれました。

高校3年生登校日(2月28日)

2017.03.04

2月28日は高校3年生の久しぶりの登校日でした。ホールでまず卒業式の歌の練習をしました。
その後6つ上の卒業生の先輩4人から「63回生から、69回生になる高校3年生へのメッセージ」というお話を聞きました。
自教室でのホームルームもあり、ここまでの受験結果の確認などをしました。

今日のホームルーム(2月22日)

2017.02.23

中学1年生は5時間目と6時間目を交換し、5時間目を学年ホームルームとしてホールで世田谷区社会福祉協議会の雨宮弘仁さんの福祉に関する講演を聞きました。「福祉って」「障害者って」「バリアフリー、ユニバーサルデザイン、ユニバーサルサービス」といった福祉に関するいろいろな切り口からのお話しでした。「偏見からうまれる差別は見方を変え相手の立場から考えることでなくすことができるとわかった」といった感想が聞かれました。
中学2年生はホールでNPO法人全国移動サービスネットワーク事務局の荻野陽一さんのお話をうかがいました。障がい当事者の立場から「バリアは一方通行では存在しない、お互いに理解し合うことが大切」「障害があることが問題なのではなくそのことが原因で自由に生きていけないことが問題、こう考えると障害は作られたものと言える。障害は小さくも大きくもなる。障害は克服するものではなくうまく付き合うもの」というお話をしてくださいました。
中学3年生は各クラスにわかれホームルームをおこないました。校庭で親睦会をおこなったクラス、マネキンチャレンジという手法で鷗友での中学3年間をふりかえり、さらに未来の自分にメッセージを送ったクラス、社会科と聖書科の先生をお招きしてそれぞれのライフコースについてのお話をうかがったクラス、など各クラスごとに様々な取り組みをしていました。社会科と聖書科の先生のお話をうかがったクラスの感想「今まで職業とは一つを選んでずっと続けていくものだと考えていたが、どちらの先生も何度も考え直していろいろな職業を体験してきていた。つまり人の人生は一通りではなく多様なのだと知った。自分もこれから新しいことにチャレンジしてやりたいことを探していきたい」

高校1年生は自教室で「1年間の記録」を記入しました。「自分の長所を考えるのは大変で時間がかかったが、一年間の自分を振り返ることで自分を理解することができよい時間を持てた」とのことです。
高校2年生は体育館で創作ダンス発表会がありました。4月からグループを決め、選曲し、テーマや内容、モチーフを決め、構成を考え、グループの仲間といっしょに完成させたダンスを全員が発表しました。仲間とじっくり時間をかけ、話し合ってできあがった過程を思い出し心を込めて踊ることができたのではないかと思います。

鷗友徒然草