鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草

今日のホームルーム

2017.06.28

中学1年生は自教室でアサーションのチェックリストを作成したり、運動会の選手を決めたりしました。
中学2年生はホールで、特定非営利活動法人世田谷ミニキャブ区民の会理事長の荻野陽一さんの講演をうかがう合同ホームルームでした。萩野さんには脳性麻痺という障がいがあり、「障がい者の移動サービス」に運営者と利用者の両方の立場から関わっていらっしゃいます。
中学3年生は職業体験に向けた事前準備や係決めをおこなっていました。

高校1年生はR-CAPが返却されました。R-CAPとは自己分析・適職発見プログラムです。自分の結果はどうでしたか?今後の参考にしてください。
高校2年生は地下体で秋の修学旅行の自主研についての合同ホームルームでした。時間やルートの工夫などの話を聞きました。白木では現在旅行委員による京都個人選択コースのみどころが展示されています。
高校3年生は卒業アルバムのための撮影、今日はクラブ活動ごとに撮影していました。久しぶりにユニフォームを着てボールや用具を持ち、みな嬉しそうな笑顔でカメラの前に集まっていました。

ソフトボール班、インターハイ東京予選でベスト8入り

2017.06.23

6月14日におこなわれたインターハイ東京都予選の3回戦で、鷗友のソフトボール班が延長戦の末勝利し、ベスト8入りを果たしました。今年は春季都大会でもベスト8に入り、創部以来初、春夏二季連続の快挙です。
ソフトボール班は全てのことに「心から」取り組み、どんなときでも最大の力を発揮できるよう常に「全力疾走」することで、一人の人間としても成長するよう精進してきました。その成果が反映されたことをとても嬉しくまた頼もしく感じます。

次は24日に試合があります。全力を尽くして頑張って下さい。応援しています。

教員採用(2017年9月、2018年4月)のお知らせ【6月23日追記】

2017.06.23

社会科公民の非常勤講師採用条件等を訂正いたしました(2017年6月23日)。

2017年9月採用の非常勤講師(社会科 公民)1名、専任教諭または非常勤講師(英語科)1名、2018年4月採用の専任教諭(理科)1名、専任教諭(英語科)1名、専任教諭(家庭科)1名、非常勤講師(園芸科)1名の採用募集要項を「採用情報」に掲載しました。
また、6月24日(土)の「教員希望者のための学校説明会」の案内も掲載してあります。
https://www.ohyu.jp/information/archives/category/jobs

今日のホームルーム(6月21日)

2017.06.22

中学1年生は全クラスが山荘生活を終えました。近々その様子も「鷗友徒然草」に載せる予定です。今日は学園祭についての話し合いを自教室でおこないました。
中学2年生はホールで北沢警察署スクールサポーターの方による薬物講演会でした。
中学3年生は体育館で秋にいく沖縄修学旅行の平和学習の初回の講義を学年の先生から聞きました。
高校1年生は先週5,6限と2時間連続のホームルームだったので先週の5限の授業をおこないました。
高校2年生は地下体で秋の奈良京都修学旅行の個人選択コースのプレゼンテーションを旅行委員がおこないました。
高校3年生は卒業アルバムの撮影で、クラスを数グループに分けて希望の場所で撮影しました。

教育実習生最終日

2017.06.17

今日は3週間の教育実習の最終日でした。
この3週間のあいだに見学実習、教壇実習、そして朝終礼・ホームルームの実習などさまざまな経験を積みました。見学実習では自分の専門教科だけではなく他の教科の授業も見学しました。また教壇実習ではプロジェクタなども用いた授業にも挑戦しました。
「実習生振り返りの会」では「生徒だったときとは異なる、実習生という立場から先生方の授業を見てとてもたくさんの気づきがあった」「あっという間の3週間だった」「自分の授業の工夫の必要性を強く感じた」「生徒一人一人と会話することの楽しさ、大勢の前で授業する楽しさを知った」「とても大変だったが充実していた」「さらに鷗友のことが大好きになった」などたくさんの感想が聞かれました。
この経験が実習生の皆さんの次につながることを願っています。

今日のホームルーム

2017.06.14

中学1年生は2クラスが山荘生活のためいませんでした。既に山荘に行ったクラスは学園祭について話し合い、図書館に調べに行ったりもしていました。まだ山荘に行っていないクラスは山荘生活前後の日程を確認していました。
中学2年生は自教室で学園祭に関する話し合いをおこなっていました。
中学3年生は職場体験に向けてグループごとの話し合いをしていました。
高校1年生はホールで5限、6限と続けてサイエンスキャラバンがありました。サイエンスナビゲーターの桜井進先生による「わくわく数の世界の大冒険 世界は数学でできている」、横浜国立大学大学院教授の根上生也先生による「みんな科学者になろう」という講演でした。「桜井先生のお話を聞いて数学の面白さと美しさに気づきました。自分ももっと数学を頑張れそうな気になりました」「人は皆天才だ、と聞いて驚いた」といった新鮮な感動を持った感想が聞かれました。質疑応答の時間にもたくさん質問の手が挙がり、先生方が丁寧に答えてくださいました。
高校2年生は進路についての話と、秋に行く修学旅行のクラスごとの奈良での選択コースの希望をとりました。
高校3年生は卒業アルバムの写真撮影でした。今日は校庭で学年写真を撮っていました。どのような形を作って写真を撮ったのか、できあがりが楽しみですね。

クラブ保護者会と中学軽音楽同好会自主公演

2017.06.10

今日はクラブ保護者会の2週目でした。中学軽音楽同好会はそれにあわせてホールで自主公演をおこないました。5つのバンドが計6曲を披露しました。

今日のホームルーム

2017.06.07

中学1年生は、山荘に行ったクラスは学園祭について話し合いをしていました。これから山荘に行くクラスは、山荘生活についてのクラスホームルームでした。
中学2年生は学園祭について話し合いをおこなっていました。
中学3年生は職場体験に行く準備を各教室、小教室をつかっておこなっていました。
高校1年生は夢ナビの講義ナビの選択をしました。文理さまざまなプログラムには興味をひくものがたくさんあり、迷っている姿が見られました。
高校2年生は体育館で学年親睦会をおこなっていました。白熱したジェスチャーゲームのあとクラス対抗ドッヂビーがあり、とても盛り上がりました。実行委員のみなさん、ありがとうございました。
高校3年生は国立劇場で歌舞伎教室でした。「歌舞伎の見方ではイケメンな歌舞伎役者さんが一から舞台装置や音をつける人、黒子など役者以外の役割を丁寧に、面白みも交えて教えて下さり、楽しんで日本の伝統である歌舞伎を学ぶことができました。舞台(『歌舞伎十八番毛抜』)では、役者さんの演技だけでなく独特な音や声もあいまって時間が経つのを忘れるほど見入ってしまいました。今まで歌舞伎を見たことがなかったので貴重な経験になりましたし、また機会があればあのイケメンの役者さんに会いに行きたいです」と感想を聞かせてくれました。

読売新聞社訪問(6月2日)

2017.06.05

7月に韓国のハナ高校で行われる国際シンポジウムには、鷗友からも9名の高Ⅰ・Ⅱが参加することになっていますが、そのうちの7名が6月2日に大手町の読売新聞東京本社を訪問しました。今年のシンポジウムのテーマが「メディアのあり方」であるため、以前に鷗友に取材にこられたこともある同新聞社の教育ネットワーク事務局の方に「報道の発信側である新聞社を訪問し、直接いろいろなことをお伺いしたい」と要望を出したところ、二つ返事でご快諾いただき、訪問が実現しました。
シンポジウムでは3人で1チームを構成し、20分のプレゼンとそれに続く質疑応答をすることになっていますが、今年は3チームとも無事にプロポーサルの審査をクリアしてプレゼンの機会をいただいています。一口に「メディア」と言っても、各チームの切り口や調査の内容はいろいろです。「報道の自由とは」「同世代の若者がどのようなメディアから情報を得ているか」「新聞と他のメディアの違いとは」「情報の受信側である我々のすべきこととは」など、それぞれの立場から熱心かつ活発な質問が次々と出され、担当してくださった4名のスタッフの方からご丁寧な説明が行われました。
あっという間に2時間半が過ぎ、シンポジウム後の報告を約束して訪問を終えました。最後にスタッフの方から、複数の新聞を読むことによって様々な立場や報道の方向性、意見を違いを実感できること、そして外国の新聞を読むことでそれぞれの国の文化や価値観も異なることが分かること(例えば最高裁の判決文を新聞で全文掲載する国はまれであること)などを語っていただきました。
最後に32階のラウンジから素晴らしい日没の景色を見せていただきました。皇居、東京のビル群、そして遠くには富士山のシルエットも見ることができました。

ご関係の皆様、ありがとうございました。

今日のホームルーム

2017.05.31

中学1年生は山荘生活が始まっていて、2クラスが不在でした。あとのクラスは自教室で山荘に向けて注意事項を聞いたり、バスの席順や学習室の席順を決めたりしていました。山荘生活、楽しみですね。
中学2年生は自教室で学園祭について話し合いをおこなっていました。
中学3年生は自教室と小教室にわかれて、職場体験について説明を受けていました。
高校1年生は体育館で、教育実習生4人から話を聞きました。どのような進路選択を経て進学したのか、またいまどのような勉強をしているのかといったお話で「先輩方のお話が聞けてよかった。今後の文理選択の参考にしたい」「先輩方はみんな運動班で学業と班を両立していたと知り、自分も見習いたいと思った」といった感想が聞かれました。
高校2年生はホールで進路指導の先生のお話を聞きました。学習習慣について、模試の活用方法など今後の学習に役立つお話でした。
高校3年生は卒業アルバム用の写真撮影があり、今日は自治委員、特別行事委員が撮影していました。また来月の歌舞伎教室に向け要項の読み合わせもしました。

放課後はホールで合同生徒会がおこなわれていました。

教育実習生が来ました

2017.05.29

今日から2週間または3週間の予定で8名の教育実習生が来ました。今日はテレビ放送で挨拶がありました。

創立82周年記念式典(5月27日)

2017.05.29

5月27日は創立記念日、体育館で記念式典があり、全校生徒が参加しました。
奏楽、校長先生の式辞、理事長先生の挨拶、PTA会長、校友会会長からの祝辞のあと、卒業生のお話がありました。
今年は58回卒業生の桑子真帆さんから「鷗友生がアナウンサーになったら」というお話を聞きました。
鷗友でどのような学生生活を送り、それがいまとどのように結びついているのか、また仕事をしているなかで心がけていることお話しくださいました。生徒からは「桑子さんは「人と向き合うこと」が好きで、それを大切にしているのだとわかった」「ニュースを伝えるのはとても責任のある仕事だと思った」といった感想があがり、式典終了後校長室に桑子さんに質問などしたい生徒が多数集まりました。

その後永年勤続者の表彰がありました。今年は30年勤続の先生・職員が5名、20年勤続の先生が4名、10年勤続の先生・職員が3名いらっしゃいます。今日は9名が壇上で表彰を受けました。
式典には41回・42回の卒業生も36名参列して下さいました。

午後にはゆきわ会総会、懇親会も開かれ在校生、卒業生共に創立記念日を祝う一日となりました。

中学2年生上野校外学習(5月26日)

2017.05.29

5月26日、中学2年生は上野校外学習でした。あいにくの雨模様でしたが班ごとに事前に選択したコースに沿って東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、東京都美術館、台東区立下町風俗資料館、上野動物園のなかから1~2カ所を見学しました。
どの見学地でも、学芸員さんの説明に熱心に聞き入ったり、展示の解説文をじっくり読む姿が見受けられ、歴史、文化、科学、芸術などに対する知識を深めることができました。またグループ活動を通して班員の親睦を深めることもできました。

親鷗会だよりー5

2017.05.29

親鷗会に入会された今年卒業ピンク学年のお母様の顔合わせ親睦会が5月20日に行われました。
この日は急に暑くなり、一番暑い時間帯にもかかわらず、多数の参加がありました。
皆さん、久しぶりの校舎、先生方、鷗友生の制服姿に会い、なつかしそうに、まるで、同窓会のように話が弾んでいました。

今年は嬉しいことに入会者が多く、親鷗会が益々活気あふれる会になるのではないかと、期待しているところです。
鷗友卒業生をもつ親の会として連帯感を持ち、より良い集まりにしていきたいと思います。

中学1年生、中学2年生ホームルーム

2017.05.25

今日は前期中間考査の3日目でした。
中学1年生と中学2年生は昨日で終了したので今日はホームルームをしました。
中学1年生はホールで歌の練習をしたあと、今月末から始まる山荘生活でうかがう、「軽井沢野鳥の森」でお世話になるピッキオの小口幸子さんから「生命の誕生と季節」というお話をききました。今の季節の軽井沢の野鳥や小動物の様子をスライドを交えながら紹介していただき、山荘生活がより楽しみになってきました。植樹は山荘に行っているあいだにクラスごとにおこなう予定です。

中学2年生は自教室で、学園祭の話し合い、アサーションをおこなったあと、ホールで学年ホームルームがあり、明日の校外学習の諸注意、今後の学習についてなどの話をききました。

鷗友徒然草