鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草

チェルトナム研修6日目

2019.08.17

davdavdavsdrdavdigmdemdemdedavmde

午前は授業、午後は「ベーキング」をおこないました。チェルトナムレディースカレッジの調理室で、「ヴィクトリアン・スポンジケーキ」を、グループごとにつくりました。スポンジケーキにクリームとイチゴジャムをはさんだもので、ビクトリア女王が好んで食べたと言われるイギリスの伝統的なケーキです。英語のレシピには、独特の表現や単語が登場するのですが、グループメンバーで協力して読み、正確に理解できていました。もともとは、トッピングなどはまったくないシンプルなケーキなのですが、今回は、イチゴやチョコで飾り付けました。

夜は、「カルチャーシェア」です。いつもは教えてもらうことの多いコースアシスタントに、今回は生徒たちが日本の文化を教えます。子供の時に作ってなじみのある鶴や手裏剣など、生徒たちにとっては簡単にできるものが、コースアシスタントにとっては難しかったりと、様々な面白い発見がありました。無事に1つの折り紙作品を作り終えると、各グループで拍手が沸き起こりました。

コースアシスタントともだんだんと打ち解けて、いろいろな話ができるようになっています。残りの研修でも、自分の力でコミュニケーションを取って、様々な価値観や文化を知ることを楽しんでもらいたいです。

チェルトナム研修5日目

2019.08.16

davdavdav

今日の午後に「ファッションショー」をおこなうため、午前の授業のテーマは「ファッション」でした。環境問題、児童労働問題、男女差別問題にも派生して、様々なトピックで意見を述べる機会がありました。日本のKuToo運動が、イギリスでも大きく取り上げられた、という話題もあり、それに関連したディスカッションでは、特に活発な議論が交わされていました。

さて、午後はいよいよファッションショーです。新聞紙やリボン、布の切れ端などを上手く組み合わせて、グループで1つの作品を作り上げます。スパンコールがワンポイントになったドレス、新聞に載っている人物の顔を切り抜いてつくったスカート、リボンとレースが可愛らしいワンピース、デザインや丈にこだわって忠実に作られた浴衣など、グループごとに独創的な服が完成しました。夕食後のファッションショーでは、各グループで、こだわりポイントを説明するspeakerとモデルを決めて、作品のお披露目があり、コースアシスタントによる審査がおこなわれました。

どのグループも、グループメンバー全員の創造力を結集して、素敵な作品を仕上げました。

チェルトナム研修4日目

2019.08.14

davdavdavdavdavdavsdrdav

今日の授業のテーマは「イギリスの歴史」でした。あるクラスでは、はじめに、イギリスの歴史について、知っていることをペアやグループで話し合い、発表しました。生徒たちの知識量の多さに、先生も驚いていました。難しいテーマでしたが、クイズやゲーム形式など工夫の凝らされた授業を、楽しんで受けていました。

午後は、チェルトナムを少し離れ、グロスターという街に出かけました。グロスター大聖堂では、3人のツアーガイドからの説明を、集中して聞いていました。大聖堂の鐘や地下聖堂、ハリーポッターの映画にも使われた回廊を案内していただきました。わからないところはすぐに質問し、積極的に理解しようとする姿勢が見られました。グロスターは、ピーターラビットシリーズの「グロスターの仕立屋」という話でも有名な街です。そのモデルとなった小さなお店を訪れました。2階がミュージアム、1階がショップになっていて、ピーターラビットモチーフの可愛らしいグッズが置かれていました。

夜は、映画鑑賞です。フランコ・ゼフィレッリ監督の、「ロミオとジュリエット」を鑑賞しました。寮の談話室で、ポップコーンと飲み物を片手に皆で映画を見るという体験は初めてで、面白かったようです。

チェルトナム研修3日目

2019.08.14

sdrsdrdavdavdav

今日の授業では、British houseについて学びました。イギリスの家の形状や種類など、初めて知る事柄や単語が多く、興味を持って聞いていました。

午後は、チェルトナムレディースカレッジの内部ツアーです。売店や図書館、各教科の教室を巡り、日本の学校との共通点や相違点を見つけて驚いていました。「アーカイブ」とよばれる、学校の歴史的文書や史料を所蔵した小さな博物館では、カレッジが建てられた経緯とその後の女子教育に与えた影響、昔の学生のスーツケースの中身、制服の変遷など、興味深いお話を聞くことができました。毎日お世話になっているコースアシスタントは、皆この学校の出身で、チェルトナムレディースカレッジに愛着と誇りを持っている様子がうかがえました。自分の学校のことを生き生きと語る姿に、生徒たちも真剣に聞き入っていました。

最後に、寮の近くの運動施設に移動してroundersというイギリスの伝統的なスポーツをおこないました。初めて挑戦する競技でしたが、チームで協力してルールを理解し、作戦を立てながら臨み、白熱した対戦となりました。

チェルトナム研修2日目

2019.08.12

davdavdavsdrmdedav

今日は午前に授業、午後にチェルトナムの街散策がありました。
寮で、授業の合間に食べるフルーツを受け取り、いよいよ学校に出発です。チェルトナムレディースカレッジは、カナダよりも長い歴史があるそうです。伝統ある美しい建物を前に、生徒たちは思わず足を止めて写真を撮っていました。カレッジの簡単な説明を聞いたあと、3クラスに分かれて授業を受けます。今日は、idiom(慣用表現)を習いました。天気や紅茶など、イギリスらしい独特な表現を、生徒たちは面白いと感じたようです。

午後は、チェルトナムの市街地を散策しました。街にある教会や公園、さまざまな店が建ち並ぶ通りを歩きながら、コースアシスタントによる解説を聞きました。そのあと、Holst museumに行くグループと、寮に帰るグループに分かれました。Holstは、「木星(Jupiter, the Bringer of Jollity)」などで有名な組曲『惑星(The Planets)』が代表曲として知られる作曲家で、このチェルトナムの地に生まれ育ちました。その生家が博物館になっていて、当時彼が暮らした実際の部屋の様子を見ることができます。生徒は、英語の説明を熱心に読み、展示物をじっくり見ていました。

他の生徒たちは、大学で歴史学を専攻しているコースアシスタントから、街の建造物の歴史を教わりながら寮に帰り、談話室や図書館、庭にあるトランポリン等で思い思いの時間を過ごしました。

最後に、Reflection sheetに1日の気づきや感想を書いて、提出します。「英語でもっとコースアシスタントや先生と話したい」「授業が面白かった」などさまざまな感想がありました。

チェルトナム研修1日目

2019.08.09

davdav

8月6日からイギリスのチェルトナムレディースカレッジでの研修が始まりました。20日までの2週間の予定で、高1の26名が参加しています。

羽田空港から、12時間に及ぶロングフライトを終え、ヒースロー空港にて現地のコースアシスタントに迎えられました。空港からさらに2時間ほどバスに乗って、チェルトナムへ向かいます。バスへの移動の間に、コースアシスタントと早速会話を始める生徒もおり、この研修への熱意が伝わってきました。バスの中では、激しい雨と急な晴れ間が交互に見られ、「1日のなかに四季がある」と言われるイギリスらしい天気を感じることができました。生徒たちは、イギリスの広大な土地や美しい建物等、見るものすべてに歓声を上げ、長旅の疲れを微塵も感じさせませんでした。

チェルトナムレディースカレッジの寮に着くと、すぐに夕飯です。食事中、コースアシスタントが各テーブルについて、話しかけてくれます。緊張している様子でしたが、テーブルの他のメンバーとも協力しながら、会話を続けようと努力する姿勢が見られました。

明日以降のスケジュールは、基本的に、午前中が授業、午後が観光地訪問となります。明日の午後は、チェルトナムの街周辺を散策します。

イェール大学研修9日目

2019.07.30

最後に、ハーバード大の見学と研修です。
地下鉄で移動し、ハーバード大学へ。昨日行ったMITがあるKendallの2つ隣の駅で降りました。
ハーバードの卒業生と対面し、ここでも質問をぶつけました。コロンビアやMITのときと同じ質問をしても、違う答えが返ってくることからも、大学の風土の違いを感じました。その後はグループごとにCampus Tour。一番大きな図書館を外から見ましたが、この図書館は地下階がとても広く、地上に見えている部分は「氷山の一角」とのこと。また、ハーバード大学には図書館が90ヶ所ほどあるそうです。
卒業生のファシリテーションのもと、ディベートも行いました。始まったらすぐに動いて、英語で会話することができていました。

最後はゲストスピーカーによるプレゼンテーションでした。大阪に生まれ、大学卒業後に単身アメリカに渡り、進路や職業を様々に変えながら活躍している方のお話を伺いました。「私の幸せは私が決める」という言葉に深く頷く生徒もいました。質問応答も今までで一番活発に手が上がり、人生における様々な選択について率直に答えていただくことができました。
明日は朝早くボストンを出発し、いよいよ日本に向かいます。

まなびわらべの夏の遠足

2019.07.29

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

午後、まなびわらべの夏の遠足で、小学1年生~5年生の男の子1名、女の子8名が、三人の先生に引率されて鷗友学園を訪問してくれました。
とても暑かったので、最初に校長室で水分を補給した後、ミッションに従って校内の見学をしました。
まず、昔の校舎で使われていた鬼瓦を発見、池で錦鯉を見た後、園芸実習園で咲いている花から3種類をお土産用に切りました。
図書館で絵本を探し、鷗友の創立の頃の有名な校長先生がどれかを選び、ホールで演劇班の練習を見た後、和室では引率の先生がお箏で「さくらさくら」を演奏してくださいました。
プネタリウムで夏の星座を見た後、化学実験室で色とりどりのカラーカプセルを作りました。
校長室でお土産をもらって、「校長先生、ありがとうございました。さようなら」。皆、とっても元気で素直なお子さんたちでした。また説明会やオープンキャンパスで会いましょう。そして、女の子は受験のときにも来てください。

イェール大学研修8日目

2019.07.29

Yale大の寮をチェックアウトしてBostonへ。バスでおよそ2時間半。
ホステルに大荷物を置いて、ランチと買い物のためにQuincy marketへ行きました。とても天気がよく暑い中、グループごとに自由時間を過ごしました。
14:30に再集合し、ホステルにチェックイン。
その後、地下鉄でマサチューセッツ工科大学(MIT)へ向かいました。地下鉄はRed line、Orange line…のように色がそのまま名前になっているので分かりやすく、自動改札の仕組みも日本と似ています。乗る路線や降りる駅を確認しながらの地下鉄移動を経験しました。
今回のCampus tourは、日本からMITの大学院やMBAに来ている3人の学生・研究者によるものでした。MITの自由な文化や、男女比が1:1であること、奨学金や学生生活について話を聞きました。生徒からは「英語圏の大学に1年間留学するということに対してどう思うか」「なぜMITを選んだのか」などの質問をぶつけ、MITの3人がユーモアを交えて答えてくれました。
その後、夕食を取りながら現地スタッフとのReflection timeをとり、再び地下鉄へ戻ってホステルのそれぞれの部屋に入りました。

イェール大学研修7日目

2019.07.28

今日はArdmoreスタッフと共にニューヨークへ。
まずはコロンビア大学。イエール大学と同じく、ガイドの方によるCampus Tourをしました。ゆったりとした時間が流れるコロンビア大学の空気を感じてきました。
その後セントラルパーク方面に進み、メトロポリタン美術館(MET)の見学。日本ではまずあり得ない規模と豊富なコレクションを、限られた時間でそれぞれ狙いを定めて観ていました。普段の社会科の授業と関係するものを見つけてきた生徒もいたようです。
まだまだsightseeingし足りない!という生徒の声を受けて、Ardmoreのスタッフと相談。バスの車窓からRockefeller Center、St.Patrick’s Cathedralなどを見て、Times Squareで降りることに。人で溢れるTimes Squareで逸れないように28人が固まって歩き、思い思いに記念写真を撮って戻ってきました。帰りに自由の女神が遠目に見えましたが、見つけられなかった生徒はいつか旅行で来たときの宿題になりました。
再びNew Havenに戻り、夕食とフリータイム。バスケやビリヤードをしたり、ピアノを弾いたり、中国の研修生と「だるまさんが転んだ」をして楽しい夜を過ごしました。
明日は荷物をまとめてチェックアウト。ボストンに向かいます。

イェール大学研修6日目

2019.07.28

昼食後、ペアになってインタビューのために街へ出ました。Yaleの街ゆく人に話しかけます。引率教員の私たちは「緊張するだろうな……」と思っていましたが、始まってすぐに躊躇なく話しかける生徒の姿に驚きました。

夜にインタビューの結果をまとめてプレゼンテーション。ファシリテーターの Who’s next? の声に一斉に手が上がり、それぞれが持ち味を生かした発表をしました。発表にも質疑応答のやりとりにも、笑い声が何度も起こる楽しいSessionになりました。インタビュー内容はペアごとに異なり、例えば「人生で最も大切なことは何か」「日本のプロダクトと言えば?」「アメリカ人らしさとは何だと思うか」「日本とアメリカの服装の違いについて」「大学で何を学んでいるか」「理想の人とはどんな人か」「日本とアメリカに対するイメージは?」「将来の夢は?」「大切にしているモットーは何か」「忘れられない体験や人について」「若い人に一言」……などです。

プレゼンが拍手喝采で終わり、ここまで一緒にやってきたディスカッションリーダーとの別れを惜しみました。その後Ardmoreスタッフとの修了式がありました。
Diningで一緒になった中国の研修生から「夜に話したい!」と嬉しい提案をもらったので、就寝時間を少し遅らせておしゃべり。短いですが忘れられない時間になったようです。

イェール大学研修5日目

2019.07.26

Yaleの敷地内にあるYale University Art Galleryへ。10の質問が書かれたワークシートを手に、館内を1時間で巡りました。ただ見学するのではなく、これまで学んだ表現、フレーズ、形容詞・・・を使えるようになっています。
午後はThimble islandsに遠足に行きました。豪華な家が建っている、小さな島々の間をボートに揺られながら遊覧しました。アートや自然も、イェール大研修の楽しみのひとつです。
夜のEvening Sessionもいよいよ大詰め。テーマは本格的にLeadershipに入ります。各グループの生徒と現地のディスカッションリーダーとの間にも、強い信頼が生まれているのが分かります。
さて、生徒から面白い報告がありました。隣の部屋に泊まっている中国からの留学生とルーズリーフで手紙のやりとりをし、食事の時間に話す約束をしたとのこと!食堂での写真は撮れませんが、生徒たちは本当に積極的に話しかけています。

イェール大学研修4日目

2019.07.26

今日はレッスンを終えた後、午後にチョート校を訪問。チョート校は私立の名門ボーディングスクールで、鷗友も数人の生徒が毎年サマースクールに参加しています。今日は偶然にも、サマースクールに日本から来ている他校の高校生と会うことができました。
Evening Sessionでは昨日から準備していたプレゼンテーションを行いまし。面白いアイデア、良いパフォーマンスには全員から歓声が上がりました。

イェール大学研修3日目

2019.07.24

午前中はArdmoreのレッスンが3つのクラスに分かれて行われました。あるクラスでは、単語のリストを手に、壁に貼られた文中の空欄に入るものは何かと話しながら教室内を歩き回っていました。スタッフいわく、とにかくtalkativeなのがアメリカの学びのスタイルとのこと。
午後はゲストスピーカーによるスピーチがありました。日本の大学とアメリカの大学両方で学位を取り、国際的に活躍している女性です。「私がどのように夢を追い求めてきたかを話すとき、ジェンダーバイアスについて触れずにはいられない」の一言で始まった話から、多くの生徒が大きなエネルギーを受け取ったようでした。
Evening Sessionの今日のテーマは Taking risks。詳しい内容は来年の参加者のために明かせませんが、明日の発表に向けて宿題が出されてSessionを閉じました。

イェール大学研修2日目

2019.07.23

今日は午前中にクラス分けテストを受け、午後にはCampus tour、夕食を挟んでEvening Sessionがありました。普段からオールイングリッシュで試験を受けていることもあり、落ち着いてテストを受けられたようです。
Campus tourでは、ガイドさんが話すナチュラルスピードの英語に熱心に耳を傾け、質問をしていました。
夜のEvening Sessionは現地のディスカッションリーダーを囲んで、活発に意見を出し合いました。テーマは positive thinking。勇気を出して発言した後は皆いい表情をしていました。
明日はいよいよレッスンが始まります。

鷗友徒然草