鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草

教育実習生にお話を聞きました

2016.09.27

9月12日から教育実習に来ている理科の先生にお話を伺いました。
先生は鷗友の卒業生ですが、中学3年生の現代社会の論文テーマに「小学校における英語教育について」を取り上げたほど当時から教育に興味があったことに加え、授業で教育には世界を動かす力があることを学んだことから教育に関わる職を志すようになったそうです。
実習期間中には学園祭があり、学科展示などで鷗友生のすごさを改めて思い知り、「もう5時」など自分が在学中にはなかった全校一体となって盛り上がることのできる企画が立ち上がっていたのも羨ましかった、とお話ししてくれました。
実習最終日まで数日となりましたが、しっかりと責任を持って教壇に立ち、生徒の皆さんが生物に興味を持ってもらえるよう頑張ります、とのことです。

今日のテレビ放送

2016.09.26

今日はテレビ放送がありました。
中学選挙管理委員会と、高校選挙管理委員会から来年度の役員の立候補を今日から受け付けること、立候補の締め切り日、投票日、選挙結果発表日の連絡がありました。該当学年からの積極的な応募と、全校生徒の選挙に対する真摯な態度をお願いします。
また、校友会副会長より、印刷室利用のマナーについてのお話がありました。印刷室の使用には日時の確認、使用届の提出など踏まねばならない段階があります。ルールをきちんを守って使用しましょう。

卒業生のお話を聞く会

2016.09.24

今日は卒業生のお話を聞く会でした。
様々な学部、大学に進み、また多岐にわたる職種に携わっている卒業生が80名近く来校し、中学3年生~高校3年生の希望者がお話を聞きました。
まずはホールで航空会社勤務の60回生による基調講演がありました。「自分は今進路に思い悩んでいて焦っていたが、悩んでも良いんだと視野が広がった気がした」等といった感想が聞かれました。
その後、卒業生を「大学生文系」「大学生理系」「社会人」と大きく3つにわけ、在校生は事前に出した希望に添って少人数グループに分かれて各先輩方から話を聞く分散会となりました。美術室、被服室、ホール、学習室にそれぞれ分かれ在校生は様々な疑問を卒業生に投げかけていました。先輩方がどのような鷗友生活を過ごしたのか、どのように進路選択をおこない、実際に進んだ大学の様子はどうだったのか、就職活動は?社会人生活は?と質問は次から次へとでてきていました。分散会は時間を区切って2回行われ、さらに個別に相談したい在校生は残って卒業生に話を聞きました。

今年でこの会も3回目を迎えますが、在校生が実際に大学生や社会人として活躍している先輩方の話をきけるだけでなく、大学生の卒業生が社会人の卒業生に話を聞くという卒業生同士の交流の場としても機能することを期待しています。
卒業生の皆さん、お忙しい中、そして雨の中、後輩たちのためにいらしてくださり、ありがとうございました。

また、本校公式websiteで卒業生の登録がまだの皆さん、是非「在校生サイト→鷗の輪」より登録をお願いできたら嬉しいです。

杉本真樹先生特別授業

2016.09.22

6時間目の高校1年生のホームルームの時間にプレゼンのお話をしていただいた杉本真樹先生に放課後まで残っていただき、高校生の希望者に仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、3D臓器モデルを体験する特別授業をしていただきました。
最近はテレビ番組でも紹介されていますが、先生は“医領解放”をキャッチフレーズとして、ITを活用した医療改革に取り組んでいらっしゃいます。
今日はVRヘッドセットをつけるとCT画像によって人体の中を自由に動き回ることを体感できるシステム、iPadやスマホのアプリを利用して人体内を立体的に見ることのできるシステム、また、CT画像を3次元化して腹腔鏡手術の術部に投影するシステム、CT画像をもとに内臓疾患の透明立体模型を3Dプリンター作って一人一人の病気の状況を可視化したりなどなど、富士通の開発担当の方にもいらしていただいて、一人一人が実際に体験させていただきました。
生体質感造形臓器モデルは、可視化から可蝕化への一歩で、3Dプリンターによって実物の臓器の重さや触感そのままを再現するものです。今日は肝臓を持ってきていただきましたが、手の上にのせられると思わず手が引っ込むくらいのリアル感がありました。実際には切れば血も出るようにできるとのこと、患者さん一人一人のモデルを作ることができるため、「ここに血管があるから、切らないように気をつけて」など手術前のシュミレーションにも使えます。また、若手の医師が外科の技術向上のために利用すれば、実際の手術と同じ環境の中で失敗も体験でき、危機感を覚え、繰り返しトレーニングできるなど、今後の医療の大変革につながる技術であることを知りました。
VRについて否定的な意見もありますが、試しにやって失敗したなどということが許されない医療の現場では、今後ますます活用の道が広がっていくことと思います。今日は多くの教員も生徒と同じ立場で体験を共有することができ、医療の新しい可能性を実感させていただきました。医学への道だけでなく、さまざまな分野への夢を与えていただき、ありがとうございました。
https://www.facebook.com/mksgmt

学園の植物-478

2016.09.22

スイフヨウ(校庭東側)サルスベリ(校庭南側)カキ(体育館裏)アベリア(城山通り沿い)ニラ(園芸実習園側)フウセンカズラ(園芸実習園側)トレニア(園芸実習園)サルビア(園芸実習園)タマサンゴ(ホール裏)ショウキズイセン(ホール裏)シロバナヒガンバナ(万葉の小径)ヒガンバナ(万葉の小径)

今日は、スイフヨウ、サルスベリ、カキ、アベリア、ニラ、フウセンカズラ、トレニア、サルビア、タマサンゴ、キツネノカミソリ、シロバナヒガンバナ、ヒガンバナです。

今日のホームルーム

2016.09.21

中学1年生は体育館で運動会の招集の時の並び方などを練習していました。自分が出る競技の書かれた紙の前に順番にスムーズに並ぶのはなかなか難しそうでした。
中学2年生はまず地下体で秋にある中学生徒会役員の選出についての話を聞きました。いよいよ来年は中学最高学年になるので中学生を率いていく心構えが必要です。その後自教室に戻り学園祭の反省を行いました。
中学3年生は自教室で秋にある修学旅行に行く前に作成する「沖縄雑誌」の立ち上げを行いました。グループでテーマを設定しクラスで一冊雑誌を作り上げます。

高校1年生は杉本真樹先生にいらしていただき、ホールで「心を動かすプレゼンテーション」の講演を伺いました。講演後の質疑応答にも多くの手が上がりました。「プレゼンテーションのコツがわかりました」「聴衆のことも気にかけることが必要だと思った」「ネガティブワードを発言しないようにしたい」「今日伺ったことを将来に活かしていきたいと思った」「発表するものを自分のものにすればいいという考えに驚いた」「プレゼンをもっと練習して緊張せずにできるようになりたい」等の感想がありました。
高校2年生は前半は自教室で修学旅行のバス割、部屋割を行い、後半は校庭で運動会に向けたリトミックの練習を行いました。校庭での練習は初めてだったので動きの確認に多少戸惑っていましたがこれからどんどん正確に移動できるようになっていくことでしょう。
高校3年生は校庭で運動会のダンスの練習を行いました。移動が多く大変そうですが扇を持って優雅に踊れるよう意識したようです。

かもめ祭(学園祭)2日目

2016.09.18

今日はかもめ祭(学園祭)2日目でした。

今日は学科展示や3号館を中心に回りました。写真は国語科展示、数学科展示、英語科展示、英語同好会、総合学習展示×2、バレミバス、EXIT、かもめくじ、えんにちろる、ワードラリーのヒントとして一部公開していたL.L.ライブラリー、中一学年展示、学科書道、ホール公演(高校軽音楽同好会)、美術科展示、美術班、課外華道、ホームメイキング同好会、家庭科展示、PTA食堂、理科班、体育館催し物(本部企画Oh!You!LIVE!)、ゆきわ会ティールームです。

どの展示ブースもお客様が集まり、熱心に生徒の作品に見入っていました。またホール、体育館の催し物にも多くのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

15:30に閉場した後は、各団体が協力し合い火曜日に授業ができる状態にまで机を移動したり展示板を解体したり清掃をしたりしました。
生徒の下校後は学園祭実行委員が校内を見回り、無事に2日間の学園祭が終了しました。
「青春鷗歌」のテーマに沿った、鷗友の魅力があふれる学園祭でしたね。学園祭実行委員の皆さん、一年間お疲れ様でした。
そしてご来場いただいた皆様、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

かもめ祭(学園祭)1日目

2016.09.17

今日はかもめ祭(学園祭)初日、心配していた天気も安定し、無事に開会式を迎えることができました。
開会式では校長先生からのお話のあと、学園祭実行委員長より開会宣言がありました。
受付には会場前から多くの人が並んで下さいました。

今日撮った写真です。古本市、PTA手作り広場、園芸班、インフォメーション、えんにちろる、PTAバザー、TRC同好会、かもめ堂、LA・Pizza、あっぱれ、たくきう、ゆいこspirit、dolce、BlueCountry×6、歴史文化研究同好会、囲碁同好会、漫画研究同好会、がんばりましょう、本部、アニメーション同好会、情報処理同好会、文芸同好会、体育館催し物(ブラスバンド班)、剣茶ん(閉場間近売り切れの図)、@階段教室(解鶏新書)です。
最後の4枚は閉場後に行われた「もうすぐ5時ダヨ!鷗友生全員集合!」です。有志4団体のパフォーマンスや幕間のイベントなどが大変盛り上がりました。

昨年と同様多くの来場者の皆さんにいらしていただき、よい一日を過ごすことができたと思います。明日も元気に楽しく、充実した一日にしましょう。皆様のご来場をお待ちしています。

学園祭準備の日

2016.09.16

明日から2日間学園祭です。今日はその準備の日でした。
まず学園祭実行委員会の各係からテレビ放送で連絡がありました。
展示板の移動方法や掲示するテープの種類などはパワーポイントで説明していました。

テレビ放送のあと校内を清掃し、教室の机や椅子・教卓などを指定された場所に移動してから終礼をしました。終礼後からは、各自活動場所に分かれて展示板に模造紙を掲示したり、教室内を飾り付けたり、発表をする班・同好会・有志はリハーサルを行ったり最後の練習をしていました。

パンフレットより学園祭実行委員長の言葉を抜粋します。
「今年度の学園祭のテーマは「青春鷗歌」です。受験生は青春に向かっていき、中高生は青春の今を楽しみ、大人は青春を思い出す、そんな沢山の人の青春が詰まった素敵な学園祭にしたいという思いを込めました」
明日からの学園祭に是非ご期待ください。

学園祭の時程は次の通りです。
9/17(土)は9:30~16:30(16:00受付終了)、9/18(日)は9:00~15:30(15:00受付終了)。受験生の方は予約をwebsiteからしていただけるとスムーズにご入場いただけます。詳しくはこちら(2016年度学園祭)をご覧下さい。皆様のご来場をお待ちしています。

創立80周年記念連続講演会記録を公開します

2016.09.15

鷗友学園創立80周年記念連続講演会
『市川源三と鷗友学園の女子教育』

2015年10月3日(土)
本校元教諭 弓削多一朗
大阪大学教授 友枝敏雄氏

2015年11月21日(土)
本校教諭 福井守明
京都大学教授 溝上慎一氏

2015年12月19日(土)
本校校長 吉野明
東京大学教授・慶應義塾大学教授 鈴木寛氏

の各講演記録,及び資料をこちらに掲載いたします。

鷗友学園創立80周年記念連続講演会記録

鷗友学園創立80周年記念連続講演会資料編

今日のホームルーム

2016.09.14

中学1年生と中学2年生は学園祭前最後のホームルームだったので一生懸命学園祭に向けた作業をおこなっていました。また学園祭中の受付係のシフトを決めているクラスもありました。

中学3年生は美術室、001教室、412教室にわかれて修学旅行の選択コースの説明を受けました。沖縄体験に行くコース、伊江島でサイクリングをするコース、カヌー体験をするコース、それぞれの持ち物や注意する点を聞きました。

高校1年生は先週同様階段教室と地下体にわかれて、夏期の活動の報告発表を聞きました。同級生の話を聞くことで自分の活動の糧にもなったのではないでしょうか。

高校2年生はホールで修学旅行の話を聞きました。修学旅行中の生活の話、部屋割の話・・・修学旅行まで2ヶ月です。

高校3年生は体育館で運動会のダンスの練習をしました。校庭の予定でしたがお天気が不安定で体育館となりましたがダンス実行委委員のもと学年全員一丸となって取り組んでいました。

今日のテレビ放送

2016.09.12

今日から3週間の予定で、理科の教育実習の先生がいらっしゃり、テレビ放送で紹介がありました。学園祭、運動会前の忙しい時期ですが多くのことを得る3週間にしてほしいと思います。生徒の皆さんもよろしくお願いします。

学園祭リハーサル

2016.09.10

学園祭まで1週間の今日、催し物の総合リハーサルがありました。学園祭の催し物に参加するキャスト、スタッフは全員が登校し、本番の時間に合わせて舞台転換を行い、本番と同様の舞台進行の司会、演技・演奏を行いました。学園祭実行委員もパソコンやタブレットを使いながら最終確認を行っていました。

今日のよかった点、反省点をこれからの1週間にいかし、来週の学園祭を迎えられるとよいですね。

今日のテレビ放送とホームルーム

2016.09.07

朝のテレビ放送は生活指導の先生からと校友会からのお知らせでした。

ホームルームは
中学1年生と2年生は学園祭の準備をしていました。自教室だけでなく廊下にも模造紙を広げみなで話し合いながら作業を進めていました。資料の読み合わせをしているクラスもありました。
中学3年生はホールで卒業生のお話を聞く会についての説明を受けたあと、修学旅行についてのお話を聞きました。修学旅行の目的、概要、そして選択コースの内容を聞き、自分がどのコースを希望するのか考えていました。

高校1年生は階段教室、地下体にわかれて、夏休み中の活動の発表会を行いました。この夏東北学習旅行、チョート校サマースクール派遣、KOP、エンパワーメントプログラム、イェール大学研修、ハナ国際シンポジウム発表など様々なプログラムがありました。これらの参加者からプロジェクターを使った内容説明や得られたこと、感じたことなどを聞きました。
高校2年生は体育館で修学旅行奈良個人選択コースの説明を受けたあと教室に戻って希望調査用紙を記入しました。
高校3年生は自教室でセンター志願票の清書をしたあと校庭に全員出て、運動会のダンスの練習をしました。今日は立ち位置の確認を主に行っていました。

「交通安全宣言都市宣言せたがや」区民のつどい 9月4日 

2016.09.04

世田谷区民会館ホールで、「交通安全宣言都市せたがや」区民のつどいがひらかれました。
最初に、主催者の世田谷区長、世田谷区内警察署長代表、交通安全協会会長代表挨拶などがあり、2017年3月で閉校になる花見堂小学校の生徒による合唱、ピーポ君とおばあちゃんの交通安全教室のあと、鷗友学園女子中学高等学校のダンス班がリトミックと創作ダンスを披露しました。
この後、鶴岡雅義と東京ロマンチカの歌謡ショーがあるためか、会場はお年寄りを中心にギャラリー席までいっぱいでした。

最初は鷗友学園のことをご存じない方が、“ダンスって何だ、チアじゃないのか”、“どうせ10人くらいでじみにやるんだろう”などと話していらっしゃいましたが、50人ほどが舞台を埋め、その半数が太鼓のリズムに合わせ、号令に従って右手、左手、足を次々に替えていくリトミックには、“おお~っ”というどよめき、“すごいね、こりゃ”という声が会場から聞こえ、大きな拍手がわきました。
また、創作ダンスの群舞は迫力があり、多くの方が息をのんで見入っていました。
終了後のロビーでは、“きれいだったよ”、“たくさん練習したんでしょ”、“あの右手左手はすごいね”など、手振りを交えながら直接生徒に声をかけてくださる方もあり、いつもの公演とはちょっと違う体験をすることができました。

 

鷗友徒然草