鷗友徒然草

更新情報

  1. ホーム
  2. 鷗友徒然草

親鷗会だよりー8

2017.11.17

11月11日(土)千葉県へはとバスを利用して遠足に行って参りました。
参加者は36名になり、バスを貸切ることができました。
この日は、早朝から風速16メートルあり、アクアラインが閉鎖していましたが、運よく7:30頃開通し、海ほたるPAに立ち寄ることができました。恐ろしいほどの風・波でしたが綺麗な白波を見ることができました。
午前中にマザー牧場でキウイ狩りを楽しみ、昼食は房州きよっぱち浜焼き市場で食べ放題・午後はインスタ映えする景色として最近有名になった濃溝ノ滝を見学しました。
帰りは添乗員さんの粋な計らいにより、日の入り時間・道を調べ、夕焼けのタイミングに合わせてくださったお陰で、美しい夕焼け、富士山の黒いシルエットまでみることができました。更に、予定のルートを変え、都内のイルミネーションが良く見える高速道路を利用し、歓声が起こるほど美しい夜景をみて新宿駅で解散しました。
天候がどうなることかと心配してスタートした遠足でしたが、日中はポカポカ陽気になり、素晴らしい旅行になりました。
解散後、ガイドさんも「皆さんに時間厳守をしていただき、とても良いバスツアーができました。」と、喜んでいただきました。
すべて、旅行会社の御縁、留守番してくれた家族、会員の皆様の日頃の行いが良かったお陰と、感謝しています。

校友会役員選挙投票日

2017.11.16

今日は校友会役員選挙の投票日でした。
お昼休みの時間を長くとり特別時程となりました。昼食後中学生は体育館、高校生は学習室にクラスごとに指定された時間に赴き、投票用紙を受け取り、記載所で記入、投票箱に投票しました。
選挙管理委員会のスムーズな進行とクラスの時間通りの移動により、時間内に全クラスの投票が終了しました。
放課後に開票がおこなわれ結果は明日テレビ放送で発表の予定です。

立ち会い演説会と今日のホームルーム(11月15日)

2017.11.16

今日は1,2時間目に中学生、3,4時間目に高校の立会演説会がありました。
候補者と応援演説者がそれぞれ壇上で立候補の理由や公約、推薦の理由や候補者の人となりなどを制限時間をめいっぱい使って演説しました。聴衆も候補者一覧を手に熱心に聞き入っていました。投票日は明日です。

ホームルームは
中学1年生は自教室、美術室、音楽室などで合唱コンクールの練習をしました。
中学2年生は硬筆書写技能検定3級を自教室で受けました。
中学3年生は体育館で修学旅行に向けて沖縄の歴史などのお話を社会科の先生から聞きました。

高校1年生は中学2年生に勉強を教える会の準備に余念がありません。クロームブックをつかって教えるグループはPCAV室でも作業をしていました。
高校2年生はホールで修学旅行に向け仏像の説明などを日本史の先生から聞いていました。日本一仏像に詳しい女子高生になる日も間近です。
高校3年生は5時間目にホームルームをホールでおこないました。センター試験について説明を受けました。

洛中洛外図屏風の展示

2017.11.13

毎年この時期にお借りしている国立歴史民俗博物館所蔵の洛中洛外図屏風(歴博甲本)のレプリカが今年も高校2年生の教室付近に飾られています。
洛中洛外図屏風とは京都の市街(洛中)と郊外(洛外)の景観や風俗を描いた屏風絵で1426人もの人物と京都の様々な寺社仏閣、生活の様子などが詳しく描かれています。
現在展示しているレプリカには付箋でいろいろな説明がつけられており、これは社会科の先生だけでなく生徒も参加してくれたそうです。また「よく見るために・・・」と題したプリントも近くに用意されていてこれを見ながらレプリカの付箋、屏風絵をみると大変楽しめます。
また図書館閲覧室には屏風のミニチュア版も展示されており、洛中洛外図を読み解くための書籍も共に展示されています。

どちらも11月22日まで展示中なので是非見に行って下さい。

高校2年生の奈良京都修学旅行も間近に迫り、鷗友生の日本史への造詣が深まる秋です。

奉仕委員会と図書委員会からのお知らせ

2017.11.12

11月6日のテレビ放送は奉仕委員会と図書委員会からのお知らせでした。奉仕委員会からは「口と足で描く芸術家協会」のグッズ販売のお知らせでした。グッズは生徒ロビーに見本があるそうです。図書委員会からは毎年恒例の古雑誌販売についてでした。

そして11月8日は古雑誌販売の初日でした。図書館には開始時間になると行列ができましたが、「初日は一人三冊まで」と節度を守って自分のほしい雑誌を入手していました。古雑誌販売の売り上げはクリスマス献金に充てられ、クリスマスHRの前日まで販売しています。まだたくさんありますので自分の気になる雑誌を見てみて下さいね。

全校授業参観

2017.11.11

今日は授業参観でした。
土曜日の授業参観でしたので多くの保護者の皆さんにご来校いただくことができたようです。

いろいろなクラス、学年、教科の授業を自由に見ていただくことができるためどの教室にも多くの参観の皆さんがいらしてくださいました。小教室の授業は中に入りきらないほどでした。

また授業だけでなく廊下に張り出された課題や掲示物もじっくりみてくださっていたり、授業のおこなわれていない図書館や園芸の畑まで足を運んで下さっていたり、熱心にご参観いただき、ありがとうございました。

午後は中学1年生、中学2年生の保護者会もありました。

留学生が一日鷗友生活を体験しました(11月2日)

2017.11.11

今年の夏におこなったYale大学研修でDiscussionLeaderとして鷗友生を助けてくれたアメリカ人大学生が9月から日本の大学に留学しており、その留学仲間と2人で鷗友生の学校生活を一日体験しました。

朝のテレビ放送で紹介があったあと、午前中は中学1年生の地理、高校2年生の選択日本史、高校1年生の英語、同じく高校1年生の世界史の授業を受けました。高校2年生の選択日本史では日本文化の紹介プレゼンがありました。昼食は白木で誰でも参加できるランチ会とし、午後は高校1年生の英語と高校2年生のダンスを体験しました。

放課後は001教室でアメリカでの学生生活、大学の様子、留学の実際などについて自由参加の会があり中学生も訪ねてきて色々と質問をしていました。Yale大学研修でお世話になった生徒がお返しに一日お世話係として活躍してくれ、留学生の2人も盛りだくさんの一日を楽しんでくれたようです。

今日のホームルーム(11月8日)

2017.11.09

中学1年生と2年生は教室や音楽室で合唱コンクールの練習をしていました。
中学3年生はホールで沖縄修学旅行に向けたお話を理科の先生と保健室の先生からうかがいました。

高校1年生は「中学2年生に勉強を教える会」の準備をしていました。
高校2年生は体育館で関西修学旅行に向けて国語の先生から古典文学に関連したお話をうかがいました。
高校3年生は自教室で卒業証書の氏名の確認とテーブルマナーの班分けをしました。

親鷗会だよりー7

2017.11.02

10月21日(土)台風の嵐がくる前日に、アロマ講習会を行いました。

一人一人が、お好みの精油を4種類ぐらい混ぜて、ハンドウォーターを作りました。精油の配合などアドバイスを受けながら一滴ずつ混ぜていくのですが、サラッとした精油や粘り気のある精油があり、細いビンの口に入れるのは、意外と難しかったです。皆さんの真剣なお顔は、さながら、科学の実験実習生のようでした。

また、心地よいアロマの香りの中で、血液やリンパの流れを整えるマッサージ(軽擦法・強擦法・揉捏法)を教わりました。二人組になり、お互いにマッサージをしあい、温かい手のぬくもりを感じました。その日は冷たい雨の日でしたが、ほっこりとした気分で解散しました。

この講習会をきっかけに洗剤などの香りに興味を持ち、アロマの香りを利用して家族にマッサージをしてあげる、ゆったりとした時間が、少しでもつくれるようになったらいいなあ~と思います。

出張授業「キャッチコピーを書いてみよう!」(10月27日)

2017.10.29

10月27日(金)の放課後、001教室で出張授業「キャッチコピーを書いてみよう!」がありました。
講師には現役コピーライター阿部広太郎さんをお招きしました。近年話題になった「今でしょ!」を発掘し2013年の流行語大賞に結びつけた方です。

言葉に「→(やじるし)」を加えて新しい行動をつくることがコピーである、その「→(やじるし)」の使い手になるために、どうすれば伝わるのか?と突き詰めて考えながら「世の中に一体感をつくる」コピーを生み出してみよう、という授業でした。

コピーを書くために必要なフレームや言葉についての考え方などを練習問題を交えながらわかりやすく説明してくださり、参加した約30名は自分の中にある経験、そしてコピーを必要としているものの本質をじっくり考えながら思いついたことを紙に書き出し、それらを利用してコピーをつくり、隣の席の人と見せ合っていました。

最後に教わったことを生かしてコピーを書き、宣伝会議賞中高生部門に応募しました。

聖句を学ぶ会

2017.10.28

10月27日(金)の昼休みに聖句を学ぶ会がありました。今回は「フィリピの信徒への手紙」3:13b~14を取り上げました。
個別の目標を達成するための努力はもちろん大切です。けれども人の思いでは想像もできない目標を神は掲げている、私たちはそれぞれの人生をそこに向かって進んでいるのです、と聖書の先生がかわいらしいイラストと共にお話し下さいました。

聖句を学ぶ会は聖書同好会の主催でおこなっています。次回は11月14日を予定しています。昼のひととき、心静かな時間を共に過ごしませんか?

行事の多い一日でした

2017.10.25

今日は朝礼時に高校生の後期学級委員の任命式が体育館でありました。
クラスごとに級長、副級長、書記、会計の名前が呼ばれると「はい」と返事をして一歩前に出、全員が呼ばれると校長先生より「後期の学級委員に任命します。選挙で選ばれたことを忘れず、クラスをまとめ生徒会とクラスを結ぶ役割を果たしてください。また選んだ皆さんも協力をしてください」とお話がありました。

昼休みには地震の避難訓練がありました。今回の避難訓練は事前予告がなかったので、緊急地震速報が流れると校内の各所で机の下に潜ったり安全な場所に自主的に避難する姿が見られました。その後放送で「雨なので中学生と高校1年生、2年生は体育館に避難してください。高校3年生は自教室で点呼をとります」と指示がありすみやかな避難がおこなわれ、点呼がとられました。災害は天候に関係なく起こります。今日のような天候不順の時の避難経路もきちんと把握していてください。
避難訓練後の5時間目は時程をずらして50分授業、そして6時間目のホームルームは45分授業となりました。

ホームルームは
中学1年生は体育館で学年ホームルームでした。カウンセラーの先生から「自分の気持ちを大切にって、どういうこと?」というお話を聞きました。
中学2年生は自教室で親睦会についての話し合いをしたり、合唱コンクールの練習をしたりしていました。
中学3年生は修学旅行のホテルの部屋決めなどをおこなっていました。今日が修学旅行出発のちょうど一ヶ月前です。
高校1年生は自教室で来月上旬にある面接週間に向けて資料記入をしていました。
高校2年生はホールで学年ホームルームでした。進路の先生から進路選択についてのお話を聞いていました。昨年度の先輩のデータなどからのお話はとても身近に感じられたようです。
高校3年生は卒業アルバムの個人写真の撮影を美術室でおこなっていました。

「アジアの新しい風」の交流会に参加しました(10月21日)

2017.10.23

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

10月21日(土)に国立オリンピック記念青少年センターでNPO法人「アジアの新しい風」主催のアジア諸国から日本に留学している学生との交流会が開かれ鷗友の中学生11名も参加しました。
まずは留学生による日本語学習事情についてのパネルディスカッションがあり、その後どのように日本語を勉強し獲得していったのかというスピーチがありました。質疑応答に続いてグループに分かれてディスカッションをおこない、アジアの国々を通して見る日本の文化や生活事情について考えることができました。またアジア諸国の文化についても知ることができ異文化理解を深めるよいきっかけとなりました。

2017年度花の教室特別講習会のお知らせ

2017.10.21

今年も「鷗友花の教室」ではクリスマス、お正月の特別講習会を開催します。
保護者の方、卒業生など鷗友関係の方ならどなたでも参加できます。ただいま受付中ですので是非ご参加ください。
なお、今年より合同会社鷗友のwebsite(http://www.ohyu-llc.com/)からもお申し込みが可能になりました!
ぜひご利用ください。もちろん例年通りFAXでも受け付けています。

1.クリスマス特別講習会 12月8日(金)10:30~12:30または13:30~15:30
2.お正月特別講習会 12月15日(金)10:30~12:30または13:30~15:30
どちらも
講習料1,500円、材料費3,500円程度
石川記念館地下002教室
となっております。
どちらか片方だけでも大丈夫ですし勿論両方のご参加も大丈夫です。
ご不明の点はかもめ堂(03-3428-8497)までお問い合わせください。
お待ちしています。

模擬大本営政府連絡会議をしていました

2017.10.20

今週水曜日から定期考査期間中です。中学1年生、2年生は2日間で終了し、中学2年生は今日は学年ホームルームやアサーションをおこなっていました。

さて、先週、高校2年生の選択日本史の授業で「シミュレーション!『対米戦争、開戦か否か?』」というロールプレイングが行われていました。
まず担当の先生から1941年9月までの日本の動き、世界の動き、が説明されました。その後グループに分かれ、くじで日本の首相、外務大臣、陸軍(陸軍大臣・陸軍参謀総長)、海軍(海軍大臣・海軍軍令部長))、企画院(企画院総裁)の役を割り振り、「模擬大本営政府連絡会議」を開いて今後の方針を決めます。

それぞれの役には立場や戦争に対する意識などが書かれたロールプレイシートが渡されます。そこには、各役が今後持って行きたい方向や口に出して言いたくない本音などがかかれておりそれらと日米の資源および戦力の比較データを元に、対米戦争をするのか、回避するのか、全体で役名の書かれた席札を前に本物さながらに会議をします。
そして、わざと休会の時間をとりそのあいだに秘密交渉をおこない自分の立場を有利に進めるべく画策します。全員一致での決定が必須条件のため自分が言えること、立場上言えないこと、進めたい方向、などを真剣に考え粘り強く交渉する姿が見られました。

昨年度もこの「模擬大本営政府連絡会議」を授業でおこないましたが今年度は昨年度以上に議論が白熱し、最終的に6班のうち結論がでたのは2班のみであとは結論が次回に持ち越しとなるほど、どの班も時間を忘れるほど熱心に話し合っていました。

結論がどのようなものになるのか、が重要視されるのではなく、当時の状況を理解し自分に与えられた役の立場を鑑みてどのように会議を進めていくのか、相手の意見をどう受け止め判断していくのかを考えていく授業です。また過去にあった開戦までの経緯を自分のこととして捉え深く理解することもできます。
次回は各班の結論を発表し、VTRをみて実際の開戦への経緯を再確認する予定です。

鷗友徒然草