卒業生向けトピックス

更新情報

  1. ホーム
  2. 卒業生向けトピックス

柳亭こみち講演・落語の会

2019.02.23

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

午後、鷗友学園支援会主催「柳亭こみち講演・落語の会」が開かれました。

鷗友学園支援会は、学園の在校生、保護者、現旧教職員、卒業生、役員・評議員、地域団体等々、鷗友に連なる多くの方々の協力をを得て、鷗友学園の教育のより一層の振興を支援することを目的として設立されたものです。

柳亭こみちさんは元ゆきわ会(同窓会)会長のお嬢様で、大学卒業後、出版社勤務を経て2003年に柳亭燕路に入門、2017年に真打ちに昇進しました。

講演では、「人権」などまったくない見習い修業時代の大変さ、前座、二つ目と昇進していく過程でのさまざまな「苦労」話、漫才をしているご主人をいかに射止めたか、そして2人のお子さんが……と、笑いながらほろりとする、楽しいお話でした。休憩の後、落語を二席、披露してくださいました。

男社会の落語の世界で、女性の真打ちは数えるほどです。男性と同じ恰好をして高座に上がる方が多い中、こみちさんは女物の着物で通し、男性、女性の役割を女性として演じ分けるなど、これまでの落語の世界の枠を外し、女性として自分らしく生きながら、落語家をしていらっしゃるすてきな方です。

ホールいっぱいのお客様と共に、おおいに笑った楽しいひとときでした。柳亭こみちさん、ありがとうございました。

支援会主催「柳亭こみち 落語会」へのお誘い

2019.01.19

2018年度の支援会イベント第2弾として、柳亭こみちさんの落語会を開催いたします。

鷗友学園卒業生のお嬢様、柳亭こみちさんは柳家一門では数少ない女性の噺家で、一昨年9月に真打に昇進されました。普段あまり落語を聞く機会のない方にも楽しんでいただけるものになる予定です。たくさんの方々のご来場をお待ちしています。

なお、今回の催しは鷗友学園関係者(在校生、保護者、卒業生、鷗友関係者、そのお知り合い)を対象にしております。一般の方は参加できませんのでご了承ください。

日 時 2019年2月23日(土) 14:00~15:45(予定)
終了後、学習室にてお茶を召し上がりながら、交流をお楽しみください。
場 所 鷗友学園ホール
参加費 無料ですが、資料代として当日会場にて500 円をいただきます

 なお、申込みは下記までメール、お電話かファックスでお願いいたします。
 お名前とふりがな、ご連絡先、同伴者のいらっしゃる場合はその人数とお名前、ふりがなをお知らせください。
 申込みの締め切りは2019年1月31日(木)とさせていただきます。

 メールアドレス 【 info-shienkai@ohyu.ed.jp 】
 電話      【 03-3420-0136 】
 ファックス   【 03-3420-8782 】

以下は柳亭こみちさんからいただいたプロフィールです。

柳亭 こみち(りゅうてい こみち)プロフィール
東京都東村山市出身 早稲田大学卒業、出版社勤務を経た後に
平成15年 2月  七代目 柳亭 燕路(りゅうてい えんじ)に入門。
          前座名「こみち」
平成15年 10月 落語協会前座として楽屋入り
平成18年 11月 二ツ目昇進
平成25年 8月  第一回浦和落語選手権 優勝
平成29年 9月  真打昇進
特技   日本舞踊(吾妻流名取 名取名<吾妻 春美>)
     寄席の踊り「かっぽれ」「奴さん」「深川」  
趣味   長唄(吉住流)  端唄・小唄   歌舞伎鑑賞
     野球(落語協会野球部『チームR』所属)  夫・倅たちとの戯れ
ひと言  柳家の一門で数少ない女性の噺家です。古典落語をしっかり演じることができ、歌って踊れる噺家、
     老若男女から友達になりたいと思われる噺家を目指しています。

親鷗会だより-16

2019.01.09

昨年12月15日(土)に「お正月リース講習会」を集会室で行いました。宅配便が遅れて材料がなかなか届かずひやひやしましたが、無事講習会を開くことができました。リースに、素敵なプリザードフラワーや松ぼっくり、松葉、お正月のお飾りなどを、思い思いに取り付けていきました。先生は、参加者のさまざまな質問に的確なアドバイスをしてくださり、参加者全員、新年を飾る素敵なリースを制作することができました。参加者の皆さんが、ご自分で制作したリースを見てとても喜んでくださっていたのが印象的でした。
制作された手作りお正月リースで、素晴らしい新年を迎えるお手伝いができたとしたら嬉しいです。

「花の教室特別講習会」残席少なくなってきました

2018.11.21

先日もご案内いたしました「花の教室特別講習会」、おかげさまで多くのお問い合わせ・お申し込みをいただいています。
残席も少なくなって参りました。ご希望の方はお早めにお問い合わせ下さい。

以下、先日のご案内の再掲です。

こちらの講習会は保護者の方、卒業生など鷗友関係者の方ならどなたでも参加できます。この講習会だけのお申し込みも勿論可能です。

クリスマス特別講習会は12月7日(金)の10:30〜12:30もしくは13:30〜15:30、
お正月特別講習会は12月14日(金)の10:30〜12:30もしくは13:30〜15:30を予定しています。
クリスマスはドライリースを、お正月はドライアレンジメントを作成します。詳細はこちらをご参照ください。こちらの用紙はかもめ堂、事務室前にも置いてあります。
なお、お申し込みは先着順となっており、合同会社鷗友のwebsiteのフォームもしくは電話、ファックスで受け付けています。

ArtMates展鑑賞

2018.11.20

先日ご紹介したArt Mates展を生徒も見に行っています。
全クラスではありませんが、授業時間を利用して石川記念館別館にいき、先輩たちの作品を鑑賞しました。絵だけではなく、ビーズアート、パッチワーク、書、そしてラグフッキングなど様々な作品を、ときに出品した方の解説などうかがいながらみることができ有意義なひとときとなりました。

皆様も是非お出かけ下さい。

Art Mates展開催中

2018.11.19

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

高校18回生を中心に、13回生から24回生まで、19名の卒業生有志による第4回Art Mates展が、鷗友学園石川記念館別館2階で開催されています。

絵画だけではなく、陶芸、パッチワーク、草木と遊ぶ、灯り、ラグフッキング、書など、さまざまなジャンルの作品が、アプローチから階段、2階のメイン会場にかけて展示され、卒業生だけでなくお知り合いの方、また近隣の方など、多くの方にご覧いただいています。

会期は23日(金)まで、平日は18時まで、最終日は16時までです。ぜひお誘い合わせの上ご来校ください。

専鷗会総会(11月17日)

2018.11.18

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 専攻科は、1955(昭和30)年に学園創立20周年記念事業として、知識や教養の向上のみならず、人間として、女性として基本的に持つべきものを育てるフィニシングスクールとして設立されました。800人以上の卒業生を世に送り出しましたが、時代の流れと共にその役割を終え、1995(平成7)年に最終募集、1997(平成9)年に42年間の歴史に幕を下ろしました。
 ただし、東京都に閉校の届け出を出したのは2005(平成17)年3月で、同時に専攻科の同窓会「専鷗会」が発足しました。その後、現在に至るまでさまざまな活動を活発に続けていて、学園祭の手作り小物販売やクリスマスグッズ手作り販売なども行っていただいています。

 昨日は、2年に一度の同窓会=総会の第7回目、お世話になった先生方や同窓生など、50人ほどが集まりました。最初に会長による開会の挨拶、理事長の音頭による乾杯の後、元校長で、専攻科の主事(校長)として、また専鷗会の活動に大きく貢献してくださった小林和子先生の満99歳、数えで100歳のお祝いをしました。その後、食事をしながら旧先生や同窓生から、専攻科の授業のこと、建物のこと、研修旅行のこと、中学1年生や高校1年生の山荘生活でのヘルパーのことなど、思い出話をたくさんうかがいました。最後に記念撮影、校歌斉唱でお開きになりました。2年後、また是非ここに集まった皆さんがそろって、さらに多くの同窓生と共に集まってくださることを願っています。

卒業生の活躍

2018.11.15

アニメーション制作会社に勤務し、制作したアニメーションが国内外で数々の賞を受賞している卒業生の岡崎さんの作品が、現在NHKで行われている発達障害キャンペーン企画の2分アニメシリーズ「ふつうってなんだろう」で放送されます。

放送予定をお知らせします。ぜひご覧ください。
#3 サトシのふつう/ 岡崎恵理
【NHK総合】
11/14(水)9:52~、11/15(木)14:53~、11/16(金)4:01~、11/22(木)13:58~
【Eテレ】
11/15(木)22:48~、11/23(金)5:55~

親鷗会だより-15

2018.11.11

◆バスツアーを開催。秋晴れの甲州路へ。
10月27日(土)、恒例の「親鷗会 秋のバスツアー」を開催、43名の会員が参加しました。
天気予報では、1週間前から毎日「土曜は雨で大荒れに」ということでしたので、担当幹事はおおいに気を揉みましたが、当日朝方には雨もやみ、虹に見送られた出発となりました。
今年の秋のバスツアーは、甲州路を訪れる一日コース。多くの会員が参加してくださったので、「親鷗会」貸し切りバスとなり、車中でもゆったりと寛いで過ごすことができました。

前半は”酔っ払い!ツアー”(笑)で、山梨の地酒の醸造元やワイン工場を訪問し、試飲や買い物を楽しみました。地元で有名なクリームパンを購入できるラッキーもあり、バスの中は香ばしいクリームパンの香りが漂うことに・・・。
お昼は松茸ご飯と土瓶蒸しの御膳を味わい、久しぶりに会う親同士、娘たちのこと、自分のこと、趣味のこと・・・いろいろな話題でおしゃべりに花を咲かせました。

昼すぎには暑い位の晴天となり、いよいよ、メインの目的地の「昇仙峡」へ。
「昇仙峡」の紅葉はまだ少し時期が早かったですが、迫力ある岩山「覚円峰」や、滝音を響かせる美しい「仙娥滝」など、奇岩・大岩の渓谷美を遊歩道から眺めました。ロープウェイで山を見下ろしたグループもありました。
しめくくりは、ブドウ狩り。少し時期的には遅い葡萄狩りとなりましたが、ベリーAという品種を思い思いに味わいました。

帰りの中央高速では、調布の花火を遠目に眺めることができるラッキーもありました。
来年のバスツアーも、今から楽しみです!

親鷗会だより-14

2018.11.04

10月2日(火)に「グルーデコブローチ講習会」を工芸室で行いました。土台の金具に粘土でかわいい花びらを作っていき、その上にスワロフスキーをのせていきます。みなさん上手に配置していき、また先生の優しく丁寧なアドバイスでとても素敵なお花に出来上がりました。粘土が固まるまでの少しの時間、先生を囲んでちょっとしたお茶会もでき、楽しいお話をたくさんお聞きすることができました。最後の仕上げをして、おしゃれで素敵なグルーデコブローチが完成しました。参加されたみなさんが出来上がったブローチを嬉しそうに見ていたのが印象的でした。このブローチをアクセントにつけて、おしゃれにきめてお出かけしていただけたら嬉しいです。

親鷗会だより-13

2018.11.03

◆2018年度「かもめ祭」で、「親鷗会バザー」を開催◆
9月15日(土)、「かもめ祭」の1日目に、「親鷗会バザー」を開催いたしました。このバザーでは、その年の春から秋にかけて、有志の会員が製作した鷗友の制服を着たクマのぬいぐるみ「鷗友ベアー」や、手作りの小物類、そして寄付された新品のギフト類などが並びました。
多くのお客様、ご家族連れがバザーにおいでになり、とくに「鷗友ベアー」は、9時30分の販売開始から10分もたたないうちに、総勢15体が購入済みとなりました。
他にも、親の視点ならではの「保冷剤入りお弁当包み」やマカロンの形をした学年色の可愛いキーホルダーなど、工夫を凝らした手作りグッズ類がすぐに完売となりました。
このバザーで得られた収益は、経費を除いた全額を学校に寄付いたします。
来年もまたぜひおいでください。

「花の教室特別講習会」申し込み始まりました

2018.10.30

例年おこなっている「花の教室特別講習会」の申込みが始まりました。
こちらの講習会は保護者の方、卒業生など鷗友関係者の方ならどなたでも参加できます。この講習会だけのお申し込みも勿論可能です。

クリスマス特別講習会は12月7日(金)の10:30〜12:30もしくは13:30〜15:30、
お正月特別講習会は12月14日(金)の10:30〜12:30もしくは13:30〜15:30を予定しています。
クリスマスはドライリースを、お正月はドライアレンジメントを作成します。詳細はこちらをご参照ください。こちらの用紙はかもめ堂、事務室前にも置いてあります。
なお、お申し込みは先着順となっており、合同会社鷗友のwebsiteのフォームもしくは電話、ファックスで受け付けています。

第4回鷗友学園卒業生によるArt Mates 展

2018.10.19

鷗友学園支援会をご存知ですか。
鷗友学園支援会は鷗友学園の教育理念に賛同してくださる卒業生やその保護者、旧教職員・役員・評議員、現教職員・役員・評議員、地域団体等会員の協力を得て、学園の教育活動を支援し、学園の一層の振興を図ることを目的としています。
具体的には学園に寄せられた寄付の中から生徒の意欲的な活動に対する支援や教職員の教育研究活動に対する支援を行うと同時に、学園の行う寄付金募集活動等への協力をしてまいりました。
また支援会について広く知っていただくための企画を実施し、併せて会員相互の交流も行っています。
2018 年度は、次の2つのイベントを開催予定です。たくさんの方々のご来場を心からお待ちしています。

1.「第4回鷗友学園卒業生によるArt Mates 展」(主催Art Mates 共催鷗友学園支援会 協力鷗友学園ゆきわ会)
日時 11月18日(日)〜23 日(金・祝)11:00〜18:00 (最終日16 時まで)
場所 鷗友学園石川記念館 
無料でどなたでもご覧になれます。詳細は画像をご覧下さい。

2.「柳亭こみち落語会」(主催鷗友学園支援会)
日時 2019 年2月23 日(土)14:00〜15:45(予定)
場所 鷗友学園ホール
詳細につきましては来年1月にお知らせいたします。

卒業生のお話を聞く会

2018.09.22

今日は卒業生のお話を聞く会でした。
多くの卒業生が自分が進路について学生時代に考えたこと、またどのように進路について考えそれを選び取ってきたか、実際に就職してどのような仕事をしているのか、それは考えていたこととどのように合致し、また違っていたか、といったことを自分のことばで在校生にお話ししに来てくれました。

会はまず、65回卒業生の基調講演「私が学びたかったこと」から始まりました。
デザインを理系の学部で学んだ卒業生がどうしてその進路を選択したのか、といったお話や、やりたいことが分からなくて目の前にあることに一生懸命取り組んでいけば将来につながっていく、といった在校生への激励を込めたお話でした。

その後分科会がありました。
学習室・PCAV室・美術1・美術2・集会室・被服1・被服2にわかれて卒業生1名に対して在校生数名のグループを作り、高校時代の勉強法や実際大学でどのようなことを学んでいるかなど詳細なお話をきくことができ、在校生にはとてもためになったようです。

卒業生のみなさん、毎年ありがとうございます。この日に限らずいつでも学校にお話ししに来てくださいね。

親鷗会だより-12

2018.07.08

6月16日(土)に第一被服室にてブレスレット講習会を行いました。作り方がわかりやすいようにと講師の先生が大きな見本を用いて説明をしてくださり、参加されたみなさんは編み方をバッチリとマスターされていかれました。間違えないように真剣に編み上げ、自分の手首に合わせて調節しながら作り、出来上がったブレスレットを手首につけてみなさん大満足! 「編み方を覚えたらこんなアレンジも出来ますよ」との先生からのお話に、みなさん興味津々。「今度はこういうひもで作ってみたらどう?」「こういう部品を入れたら素敵かも?」と盛り上がっていました。今年の夏は、参加されたみなさんの手首を今回のブレスレットが飾ってくれたら嬉しいです。

卒業生向けトピックス