受験生向けトピックス

更新情報

  1. ホーム
  2. 受験生向けトピックス

2020年度入試における試験時間の変更について

2019.07.03

2020年度入試より、各教科の試験時間を5分短縮し、4科目(国語・算数・社会・理科)すべて45分間でおこないます

詳細は、9月1日に本校ホームページに掲載する2020年度募集要項をご確認ください

無料公開シンポジウム開催のお知らせ

2019.05.13

森上教育研究所主催・鷗友学園女子中学高等学校共催 無料公開シンポジウム
『シリーズ・2024年大学入試に向けて ― 学習者中心の鷗友・社会の注目問題 ―』
日時 2019年6月15日(土)14時30分~16時30分
場所 鷗友学園ホール
講師 早川明夫先生(文教大学)
   吉野明(鷗友学園女子中学高等学校名誉校長) 
対象 小5・6年生とその保護者【親子参加可】
定員 450名 ※定員になり次第締切ります
申込 http://oya-skill.com/sympo/ フォームに記入してください。
   ご家族複数名で参加される場合は、人数分お申込下さい。
   例)家族3名で参加 → 申込フォームの入力・送信を3回行う 
               注1.メールアドレスは同一でかまいません。
               注2.参加者各人のお名前を入力してください。
内容
 入試問題は「学校からのメッセージ」とか「最初の授業」だといわれることがあります。入試問題を分析すると学校の様々なことがわかるからです。
 この度、文教大学早川明夫氏と、受験生を大きく伸ばし、中身のよさで定評のある鷗友学園名誉校長吉野明氏との対談形式による講演会を企画しました。主に早川先生から吉野先生に質問する形で、入試問題もからめて学校の教育方針や出題方針などをご回答いただきます。
 また、早川先生から鷗友・社会科入試問題の傾向と対策の話があります。鷗友志望の保護者必見の講演会です。

ブラスバンド班定期演奏会のお知らせ(3月25日)

2019.03.06

3月25日(月)に府中の森芸術劇場どりーむホールにて、ブラスバンド班定期演奏会を行います。100名を超える班員のダイナミックな演奏を2000人収容の大ホールでお届けします。

入場無料でどなたでもご入場いただけます。

吹奏楽の名曲から皆さんのよく知っている曲まで様々な曲を演奏します。

吹奏楽がお好きな方も初めての方も楽しんでいただけるプログラムとなっておりますので、ぜひお越しください。

2019年度 第二回入学試験問題【社会】 問題の訂正

2019.02.03

第二回入学試験問題の社会に一部誤りがありました。お詫びして、訂正いたします。
なお、これによる解答の変更はありません。

詳しくはこちらのPDFファイルをご覧ください → 2019年度社会第2回訂正

特色ある授業【英語編】掲載

2019.01.30

「鴎友の教育」の「特色ある授業」のページに、英語編(動画)を掲載しています。

どうぞご覧ください。 特色ある授業

鷗友学園が読売オンラインに取り上げられました

2019.01.29

読売オンラインに,鷗友学園の記事が掲載されました。
 
『併願校も第1志望という考え方、「後悔しない受験」の極意…後藤卓也』
https://www.yomiuri.co.jp/kodomo/jyuken/ranger/20190123-OYT8T50011.html?from=ycont_navr_os
 
どうぞご覧下さい。

鷗友学園が三つのメディアで取り上げられました

2018.11.26

鷗友学園の取り組みが、たて続けに三つのメディアで取り上げられました。

1.「JB PRESS」に、卒業生で明治大学の五十嵐悠紀先生が鷗友を取材し記事にしてくださいました。

   女子校が「BYOD」導入、授業と生徒はこう変わった
   中高一貫校ならではの情報機器活用とコミュニケーション

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54705?page=5

2.「プレジデント オンライン」で、名誉校長先生の著作から、鷗友の取り組みを紹介してくださいました。

  名門女子校が”3日に一度席替え”する理由
   30人のクラスが自分の「場」になる

https://president.jp/articles/-/26748?fbclid=IwAR23IP3I-kecPdZ0Ox5MEzH-XKbvkuLw4SNhH8_zD8tR_o_DiBJ7u5jwpy4

3.「東洋経済オンライン」で、同じく名誉校長先生の著作の紹介です。

  「姉妹みたいな母娘」が危険である深いワケ
   お母さんこそ「女の子の育て方」を学ぶべきだ

https://toyokeizai.net/articles/-/250892?fbclid=IwAR0Y9JQlW_p0pBW47VTbjfO9GgAFoJnGH_goO6ur9Q8yBEpic-XGOl9IDqM

入試対策講座の第2回の定員を増やしました

2018.11.16

12月16日(日)開催の入試対策講座【第2回】の定員を増やしました。
満席のためご心配をおかけした皆さまに、お詫び申しあげます。
本校をめざして勉強に励んでいる受験生の皆様に、エールを送ることができるような会にしたいと考えておりますので、お寒い中ではありますが、ぜひお越しください。

なお、当日の参加人数に変更がありましたら、マイページでお手続きください。
また、入試対策講座の会場は体育館となっております。恐れ入りますが、上履きと靴袋をご持参くださいますよう、お願いいたします。
当日は、開始10分前より運動会のようすをまとめた動画を上映いたします。

皆様のご来校を、心よりお待ち申し上げます。

卒業生の活躍 メンコンを東フィルと

2018.10.18

今春、東京藝術大学を卒業した66回卒業生の飯守朝子さんが、ドイツ国立ミュンヘン音楽大学に入学し、さらに勉強を続けています。

その飯守さんが早速来月帰国し、11月29日(木)に練馬文化センターで開かれる第33回練馬区新人演奏会で
上野正博指揮の東京フィルハーモニー交響楽団と共演し、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏することになりました。

是非聴きにいらしてください!

https://www.neribun.or.jp/event/detail_n.cgi?id=201808211534827630

卒業生の活躍 ARTE International Prizeを受賞

2018.10.14

5月に、鷗友63回生の伴瀬萌さんがアシスタントプロデューサーを務めた是枝裕和監督の『万引き家族』が、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞したことをお伝えしました。
その伴瀬さんが川和田恵真監督と企画した映画「My Small Land (仮題)」が、映画の新しいプロジェクトやクリエイターを支援するイベント「ASIAN PROJECT MARKET (APM)」で、アルテ国際賞(ARTE International Prize)を受賞しました。おめでとうございます。
https://www.facebook.com/AOIPro.Inc/

卒業生の活躍 読売中高生新聞に掲載されました

2018.10.12

第56回卒業生の東桃子さん(キリンビバレッジ マーケティング担当)が,読売中高生新聞の「シゴトビト」に取り上げられ掲載されました。

誌面PDFはこちら→「[シゴトビト]飲料メーカーのマーケティング」(読売中高生新聞2018年9月21日)

※記事・画像等に関する著作権は読売新聞社に帰属します。転載等はできません。

 

2019年度 鷗友学園女子中学校生徒募集要項 掲載

2018.08.31

2019年度 鷗友学園女子中学校の生徒募集要項と自己申告書を掲載いたしました。

こちらをご覧下さい → 2019年度 生徒募集要項  2019年度 自己申告書

鷗友学園女子中学校入試は,インターネットを使用した出願のみとなりますので,募集要項はお配りしておりません。こちらよりダウンロードして下さい。

帰国子女面談の受付について

2018.08.31

帰国子女面談の受付を11月20日〜11月30日 電話にて受付します。
詳しくは、下掲のPDFファイルをご覧下さい。
また、海外在留証明書が必要な方は、下掲の書式をご覧下さい。
 

2019年度入試のための帰国子女面談

在留証明書

学校説明会について

2018.05.01

学校説明会には小学生も参加できます。ただし、説明会の内容は保護者向けとなります。小学生向けのイベントはありません。あらかじめご了承下さい。

学園の植物-495

2018.04.09

ハナミズキ(城山通り沿い)ムベ(石川記念館前)ヒメジョオン(万葉の小径)キンセンカ(園芸実習園)ストック(園芸実習園)ホソバオオアマナ(園芸実習園)フリージア(園芸実習園)ツルオドリコソウ(藤棚下)

今日は、ハナミズキ、ムベ、ヒメジョオン、キンセンカ、ストック、ホソバオオアマナ、フリージア、ツルオドリコソウです。

受験生向けトピックス